三井住友海上プライマリー生命保険株式会社は、生前贈与機能をさらに充実させた『やさしさ、つなぐ』(通貨選択型特別終身保険)の取扱いを2019年7月16日に開始すると発表しました。

『やさしさ、つなぐ』は、円または好金利が期待できる外貨(米ドル・豪ドル)で運用し、生存給付金の受取人を家族とすることで、スムーズに資産をつなぐことができる「生前贈与」と、生存給付金を自分で受取れる「自分年金」の2つの活用法がある終身保険です。

顧客の生前贈与に関する多様なニーズに応えられるように、「生存給付金支払回数(毎年支払う生存給付金の支払回数)」と「終身保障倍率」(基本保険金額のうち、生存給付金として受け取る額と終身保障としてのこす額の比率)との組合せを追加するということです。また、最低保険料を引下げることにより、契約しやすくなるとのことです。

なお、『やさしさ、つなぐ』は商品性が同一の『幸せの贈りもの』、『贈るよろこび』、『想いの架け橋』を含めて、2016年8月29日の発売以来、累計販売額は1兆円を超え、取扱金融機関は119代理店となっているとのことです。

出典:通貨選択型特別終身保険『やさしさ、つなぐ』の生前贈与機能を充実