三井住友海上火災保険株式会社は、シナールマスMSIG生命の普通株式30%を約3.8兆ルピア(約290億円※)で追加取得し、出資比率を80%に引き上げたと発表しました。

インドネシア生命保険市場は過去5年間で平均約15%の成長を遂げており、若年層を中心に世界4位の人口(約2.6億人)を有するなど、さらなる成長が見込まれる市場です。
そのため、同社は、シナールマス社を戦略上の重要拠点と位置付け、戦略的パートナー株主であるシナールマス・グループと協力して事業の拡大を図るとともに、インドネシアにおける保険の普及と経済発展に寄与していくということです。

なお、シナールマス社は2019年7月8日付でインドネシア証券取引所に上場したとのことです。

※1ルピア=0.0076円による換算値

出典:インドネシア・シナールマスMSIG生命への出資比率引き上げについて