住友生命保険相互会社は、シンガポールの生命保険会社である「Singapore Life Pte.Ltd.(以下「シンガポールライフ」)」に対して、90 百万米ドル(約 100 億円、発行済株式総数の約 25%)の出資を行ったと発表しました。

シンガポールライフは、ダイレクト、富裕層向けブローカー、独立フィナンシャルアドバイザーの各チャネルを通じて、定期、ユニバーサル、養老保険等を競争力のある価格で販売しいる、シンガポールの生命保険会社です。

先進的なデジタルテクノロジーの活用により、複雑な保険商品を分かりやすく容易に提供することで、業界に変革をもたらすことを目指しており、デジタルテクノロジーを積極活用する生命保険会社としての地位を強化していくため、新たなビジネスや商品展開をさらに進めていく計画ということです。

住友生命は、デジタル技術の活用において高い専門性やノウハウを有するシンガポールライフへの出資を通じて、インシュアテックの開発が盛んなシンガポールの最新動向や実際のビジネスへの活用状況等に関する情報収集力を更に強化し、顧客の利便性向上、経営効率化にも繋げていくとのことです。

出典:Singapore Life Pte.Ltd.への出資について