第一生命保険株式会社は、世界銀行グループの国際復興開発銀行(以下「IBRD」)が発行するグリーンボンド(総額約108 億円)の全額を購入したと発表しました。

IBRD は、世界銀行グループとしては、「気候変動への適応と強靭化に関する行動計画」を2019 年1 月に公表し、気候変動への適応策のため2021~25 年度に500 億ドルの投資を実施することを表明しており、グリーンボンドによって調達された資金は、再生可能エネルギーやクリーンな都市交通の整備をはじめとした、温室効果ガスの排出削減および気候変動の影響に対処するための開発プロジェクトへの融資に充当されるということです。

同社は、グリーンボンドへの投資を通じて安定収益を確保するとともに、気候変動問題の解決に向けたIBRD の取組を資金面からサポートし、その進捗状況等を継続的にフォローしていくとのことです。

出典:国際復興開発銀行が発行するグリーンボンドへの投資について~気候変動問題の解決に向けたESG投資の推進~