第一生命保険株式会社は、「3大疾病サポートプラス~健康経営プレミアムプラン~」〔正式名称:3大疾病サポート保険(団体型)〕(以下、3大疾病サポート保険)を2019年10月より発売すると発表しました。

「3大疾病サポート保険」は、3大疾病による「治療と仕事の両立」や、3大疾病以外の病気・ケガによる「長期療養からの職場復帰・就労継続」を支援することを目的としており、企業(団体)の健康経営を推進する観点から、一定の要件を満たす健康経営優良法人の保険料を割り引く健康経営割引を導入するということです。

また、健康経営のサポート、および従業員の福利厚生の充実を目的とした

を、団体保険の付帯サービスとして提供するとのことです。

同社プレスリリースによると、「3大疾病サポート保険」のポイントは以下の通りです。

1.3大疾病(所定のがん・急性心筋梗塞・脳卒中)に一時金で備えられます。
2.上皮内がん等にも備えられます。
3.長期療養サポート特約(団体型)でその他の病気・ケガによる60日以上の長期療養にも備えられます。
4.<健康経営割引>一定の要件を満たす健康経営優良法人(注2)は保険料*を割引します。*長期療養サポート特約(団体型)の保険料を除きます。
5.充実した付帯サービス< DL 健康経営バックアップサービス >で健康経営をサポートします。

出典:「3大疾病」や「病気・ケガによる長期療養」を手厚く保障する新商品の発売および <DL 健康経営バックアップサービス>の提供開始~「治療と仕事の両立支援」と 「健康経営の促進」をサポート~