アクサ損害保険株式会社は、経済産業省が実施するコネクテッド・インダストリーズ税制(IoT税制)において、2019年4月19日(金)、「革新的データ産業活用計画」の認定を受けたと発表しました。

2018年6月に創設されたコネクテッド・インダストリーズ税制(IoT税制)は、IoTをはじめとしたデータ活用への設備投資を促す制度で、一定のサイバーセキュリティ対策が講じられたデータ連携・利活用により生産性を向上させる取組みについて、「革新的データ産業活用計画」と認定された場合、それに必要となるシステムやセンサー・ロボット等の導入に関しての優遇税制措置を受けられる制度です。

アクサダイレクトは、顧客の属性やコンタクト履歴のデータをリアルタイムに自動連携する仕組みを新たに導入するにあたり、経済産業省の定める3つの基準(データ連携・利活用、セキュリティ対策、および生産性向上)を満たすものと評価され、「革新的データ産業活用計画」と認定されたということです。

出典:アクサダイレクト、経済産業省による「革新的データ産業活用計画」の認定を取得