セゾン自動車火災保険株式会社は、保険金支払関連書類の電子保管サービス導入・受発送業務のアウトソーシングを2019年6月より開始したと発表しました。

サービスの導入により、迅速な保険金の支払いや顧客対応時間を創出するために、事故担当者の業務ウェイトのうち20~30%を占める保険金支払書類関連の受発送業務をアウトソーシングすることに加えて、帳票の電子保管によるペーパーレス化を行い、業務効率化をはかるということです。

今後、AI(人工知能)を活用し手書きの文字や画像を自動認識し、電子化する装置のAI-OCRや、主に定型作業をルールエンジンやAIなどの技術を備えたソフトウェアのロボットが代行・自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)などの最新デジタル技術を活用し、テキスト・画像認識、データ入力の自動化を行う予定とのことです。

同社プレスリリースによると、サービス概要は以下の通りです。

帳票の管理に豊富な経験のある富士ゼロックス株式会社と協業し、主に以下の業務プロセス改革を行いました。
1.お客さまの“分かりやすさ”を重視した帳票の設計
2.帳票の電子保管によるペーパーレス化
3.帳票の発送から在庫管理までのアウトソーシング

出典:保険金お支払関連書類の電子保管サービス導入・受発送のアウトソーシング 損害サービス部門の抜本的な業務プロセス改革