三井住友海上火災保険株式会社は、独立行政法人国際協力機構(以下「JICA」)と「中小企業・SDGsビジネス支援事業に関する連携覚書」を締結したと発表しました。

この締結により、三井住友海上が有するネットワークや各種企業支援メニューを活用して、JICAが運営する「中小企業・SDGsビジネス支援事業(途上国の開発ニーズと民間企業の製品・技術のマッチングを支援する事業)」の、より一層の発展・拡充や日本企業の海外進出を支援するということです。

同社プレスリリースによると、主な連携内容は以下の通りです。

主な連携内容
1.海外展開を志向する企業に対する進出支援の協力
2.海外進出におけるリスクマネジメントの知見およびそれに関連する現地情報等の発信・提供

出典:JICAと三井住友海上、「中小企業・SDGsビジネス支援事業に関する連携覚書」を締結