住友生命保険相互会社は、独立行政法人 国際協力機構(JICA)が発行する「ソーシャルボンド」への投資を決定したと発表しました。

「ソーシャルボンド」とは、社会課題の解決に資する事業を資金使途としており、国際資本市場協会(International Capital Market Association:ICMA)が定義する「ソーシャルボンド」の特性に従った債券で、調達資金は、主に開発途上地域におけるインフラ整備など経済・社会発展への取組みを支援する有償資金協力事業に活用されるとのことです。

住友生命は、持続可能な社会の実現および中長期での投融資を行う機関投資家にとって運用収益の向上に資するとの認識の下、ESG投融資に取り組んでおり、「ソーシャルボンド」への投資もその一環ということです。

同社プレスリリースによると、「ソーシャルボンド」の概要は以下の通りです。

<本債券の発行概要>
発行体:独立行政法人 国際協力機構(R&I格付:AA+、S&P格付:A+)
発行額:総額200億円
年 限:10年、20年

出典:独立行政法人 国際協力機構(JICA)が発行する「ソーシャルボンド」への投資について