住友生命保険相互会社は、株式会社大林組が発行する「サステナビリティボンド」への投資を決定したと発表しました。

「サステナビリティボンド」とは、環境・社会的課題の解決等に資する事業を資金使途とする債券で、住友生命が投資をする「サステナビリティボンド」は、DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社および株式会社格付投資情報センター(R&I)より、サステナビリティボンドに係る各種ガイドライン等への適合性について外部評価を取得しているということです。

また、債券の調達資金は、大林組グループが推進するサステナビリティへの取り組みのうち、①環境に配慮し「すべての人に優しいスマートビル」をコンセプトとした「ウェルネス建築」、②建設業の担い手確保と調達先との信頼関係の強化(ソーシャルプロジェクト)、③株式会社大林組の中長期環境ビジョン「Obayashi Green Vision 2050」のアクションプランに基づく再生可能エネルギー事業に係る資金に充当予定であり、環境負荷の低減および社会の課題解決に繋がることが期待されるとのことです

同社プレスリリースによると、「サステナビリティボンド」の概要は以下の通りです。

<本債券の発行概要>
発行体:株式会社大林組(R&I格付:A+格、JCR格付:AA-格)
発行額:総額100億円
年 限:5年

出典:株式会社大林組が発行する「サステナビリティボンド」への投資について