住友生命保険相互会社は、スミセイ“Vitality Action”が公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会及び一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構が実施している「第7回スポーツ振興賞」において「経済産業省 商務・サービス審議官賞」を受賞したと発表しました。
スポーツ振興賞とは、スポーツや障がい者スポーツを通じて健康づくりをし、ツーリズムや産業振興、地域振興(まちづくり)に貢献している団体・グループ・企業の活動を顕彰するものです。

スミセイ“Vitality Action”は、自治体や財団、研究者、アスリート等の協力を得ながら「健康寿命の延伸」という社会的課題の解決に取組む、CSVプロジェクトの柱のひとつです。
様々な種目のトップアスリートを講師に迎えた親子スポーツイベントの開催や、大規模ランニングイベントの開催による「行動促進」や、講演会の開催、健康啓発冊子の配布等による健康増進への「理解促進」を図っているということです。

現在までに、全国75か所で開催した親子スポーツイベントには8,970人が参加し、全国106か所で開催した講演会には、約37,500人が参加したということです。

出典:スミセイ“Vitality Action”が「第7回スポーツ振興賞」にて「経済産業省 商務・サービス審議官賞」を受賞!!