東京海上日動火災保険株式会社は、Airobotics co.,Ltdと連携し、ドローンで撮影した画像を人工知能(AI)で解析することで、損害調査から修理費の算出までを行う取組みを、2019年6月より開始すると発表しました。

近年、大規模化や多発化している自然災害等により工場や倉庫が損害を被った場合、特に大規模な物件の屋根や屋上の被害の状況を確認する際は担当者の危険を伴うことから、詳しい損害調査が容易でない場合があり、査定担当者が全ての損傷箇所を調査するまでに一定の時間を要していました。

今般の連携により、Airobotics社が所有するドローンで撮影した工場や倉庫等の空撮画像を繋ぎ合わせて、正確に損害箇所や損害状況が把握できる画像データを作成し、それらをAIが瞬時に解析し、自動的に具体的な損傷状況や損害額を迅速に算出することで、顧客への迅速な保険金の支払いに繋げていくということです。

また、AIには、顧客からの同意に基づき撮影した大量の画像データ、及び損害鑑定人等による画像診断結果を学習させることで、精度を向上させていくとのことです。

出典:ドローンとAIを活用した保険金支払いに関する取組み ~ドローン撮影画像のAI解析により損害調査・修理費の算出を迅速化~