日本生命保険相互会社は、プロジェクトファイナンス等における環境・社会配慮の国際的なガイドラインである「赤道原則(Equator Principles)」を保険会社としてアジアで初めて採択し、その運用を開始したと発表しました。

赤道原則とは、融資先のプロジェクトにおいて環境・社会面の配慮が適切に行われているかを確認するための、民間金融機関による自主的なガイドラインです。

同社は、海外プロジェクトファイナンスへの取組を本格化しており、大規模開発を伴うプロジェクトは自然環境や地域社会に対して大きな影響を及ぼす可能性があります。プロジェクトファイナンスの意思決定時には、環境・社会面への配慮がより重要になることから、赤道原則を採択したとのことです。

赤道原則の採択に伴い、同社では、プロジェクトファイナンス等の意思決定のプロセスにおいて環境・社会影響の評価を行うとともに、融資実行後に遵守状況のモニタリングを行うということです。

出典:赤道原則の採択について