東京海上日動火災保険株式会社は3月29日、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局が公表する「地方創生に資する金融機関等の『特徴的な取組事例』」に選定され、2016年度から3年連続で内閣府特命担当大臣(地方創生担当)の表彰を受けることになったと発表しました。

地方創生の取組みについては、金融機関等の幅広い情報・ネットワークの活用による貢献が期待されており、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部では、各地域での取組みの参考とするため、金融機関等が地方創生に関与した「特徴的な取組事例」を2016年から公表しています。

同社では、2016年7月に地方創生室を設置し、金融機関や自治体との地方創生に関する共同取組みや、地方創生に資する商品・サービスの展開等、地方創生への貢献に繋がる各種取組みを進めています。

そのような取組みが評価され、全国の金融機関から寄せられた約1,100件の中から今年度の「特徴的な取組事例」に選定され、4月10日に大臣表彰を受けることになったということです(表彰の対象は全38事例48金融機関)。

出典:「地方創生に資する金融機関等の『特徴的な取組事例』」で大臣表彰を受賞