住友生命保険相互会社は、2019年4月1日より 金融機関等代理店において指定通貨建平準払個人年金保険「たのしみ未来グローバル※1」を発売します。

同社は従来より、金融機関等代理店を通じて、老後の生活資金準備を目的とした円建平準払個人年金保険「たのしみ未来」を提供しています。今回、「たのしみ未来」の”外貨プラン”として、米ドル・豪ドルによる資金作りが可能な「たのしみ未来グローバル」を発売することで、顧客の資産形成手段への多様なニーズに応えられるようになります。

また、この保険の仕組みを活用した子ども向けプランを「たのしみ未来グローバル<学資積立プラン>※1」の愛称で発売します。

同社によると商品の特徴は、以下の通りです。

「たのしみ未来グローバル」の特徴
1.米ドルや豪ドルの好金利を活かして資金づくりを行います。
2.毎月、一定金額を円貨で払い込みする※2ので、ドルコスト平均法※3による為替リスクの抑制が期待できます。
3.保険料払込期間満了以後の解約返戻金や年金原資が大きくなるしくみとしています。
保険料払込期間満了後に据置期間を設定することで、年金原資などがより大きくなります。

「たのしみ未来グローバル<学資積立プラン>」の特徴
1.上記年金保険のしくみを活用し、子どもの成長に合わせた設計を可能としたプランです。 (契約者の保障はありません)。
2. 第1回年金は2回目以降の年金の倍額受け取ることができ、一時的にまとまった資金が必要となる入学金等に活用できます。

※1:販売名称は、取扱金融機関によって異なる場合があります。
※2:月払いの場合
※3:一定額の円貨で外貨を継続的に購入する方法を「ドルコスト平均法」といいます。一定額の円貨で外貨を継続的に購入することにより、 価格が安いとき(円高のとき)には大きな額を、価格が高いとき(円安のとき)には少ない額を購入することができ、平均購入価格を抑える効果が期待できます。

出典:予定利率変動型5年ごと利差配当付指定通貨建個人年金「たのしみ未来グローバル※1」「たのしみ未来グローバル<学資積立プラン>※1」の発売について