東京海上ホールディングス株式会社は、東京海上グループのデジタルトランスフォーメーションを担うデータサイエンティストの育成を目的として、同社グループ専用の育成プログラム「Data Science Hill Climb」を創設したと発表しました。

このプログラムは、国内人工知能研究の第一人者である東京大学の松尾豊特任准教授の監修を受け、確率統計や線形代数といった基礎数学から、AI・機械学習モデルを実ビジネス活用するための実践的演習までを200時間以上かけて習得し、実力あるデータサイエンティストを育成するプログラムです。

同社は AI・機械学習を活用した保険引受の効率化や、事故を予防・軽減するサービスの開発等に必要なデータサイエンティストを確保する方法として、外部から人材を採用するだけでなく、社内の人材を育成するために育成プログラムを作成することとなりました。既に、2018年度中にトライアル運用を完了しており、2019 年度より正式な育成プログラムとして運用を開始します。

今後は、国内AI産業活性化のため「Data Science Hill Climb」を広く提供することも検討しているということです。

出典:AI・機械学習の活用に向けた専門人材育成プログラムを ・機械学習の活用に向けた専門人材育成プログラムを創設

文: 蟹山淳子