SOMPOホールディングス株式会社、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社と、SOMPOヘルスサポート株式会社の3社は、米国シリコンバレーのデジタルヘルスケア分野のスタートアップ企業である Neurotrack Technologies, Inc.(ニューロトラック社)と業務提携に向けて 2019年1月に基本合意し、認知機能低下を予防するデジタルコーチングサービス「日本版メモリーヘルスプログラム(MHP)」の共同開発に向けた実証実験を同月に開始したと発表しました。

ニューロトラック社は、食生活・運動習慣・学習などで複合的なアプローチを行うことで、認知機能の低下予防や脳機能の活性化を目指す「メモリーヘルスプログラム(MHP)」を開発しています。SOMPOホールディングスは、SOMPOヘルスサポートが有する日本人の生活習慣をふまえたコーチングの知見や健康増進に関するノウハウを活かした「日本版メモリーヘルスプログラム(MHP)」の共同開発をニュートラック社に提案し、業務提携することに基本合意しました。

実証実験は、2019年1月から5月までんp約4カ月間、SOMPOホールディングス各社の社員とその家族(約700名)を対象に行われ、プログラムの実用性や生活習慣の改善状況などを検証します。

出典:米国スタートアップ ニューロトラック との業務提携に向けた基本合意書の締結

文: 蟹山淳子