三井住友海上プライマリー生命保険株式会社は、2016年8月に発売した『やさしさ、つなぐ』(通貨選択型特別終身保険)の累計販売額が、発売から約2年半となる2019年2月19日に1兆円を突破したと発表しました。

『やさしさ、つなぐ』は、受け取りの原資をを高金利が期待できる米ドルまたは豪ドルを運用する終身保険。受け取りは、生前給付金の受取人を家族にして「生前贈与」とすることも、「自分年金」として自分で受取ることもできます。2018年10月には生前贈与機能を強化するため、基本保険金額全額を生前贈与できるほか、生前贈与額が円貨で一定額に調整できるよう改定が行われました。

現在の取扱金融機関も118代理店。

出典:『やさしさ、つなぐ』(通貨選択型特別終身保険)の 累計販売額が1兆円*1を突破

文: 蟹山淳子