第一生命保険株式会社は、保険ビジネス(Insurance)とテクノロジー(Technology)の両面から生命保険事業独自のイノベーションを創出する活InsTechの取組みの一つとして、沖縄県宮古島市にて「地域の健康課題改善」に関する実現性・実用性を検証する実証実験を開始すると発表しました。

実証実験の内おもな容は以下の通りです。
(1)沖縄県宮古島市の地域企業(約20社)とその従業員(約200人)に、スマートフォンで利用できる「宮古島健康増進アプリ(パニパニ宮古島)」を提供します。
(2)アプリから、毎日の歩数・体重・睡眠時間などの運動指標・健康関連指標を「見える化」し、それらがどのように健康増進に繋がるかを検証します。
(3)アプリ利用者の健康増進に繋がる行動や歩数に応じて、宮古島市の地場企業からお得なクーポンを発行し、健康増進取組みの効果を検証します。

今回の実証実験は、「保障(プロテクション)」から「予防(プリベンション)」へ、保険の役割を拡大できる新たな商品・サービスの提供を目指し、ブロックチェーン技術を活用して、宮古島市のヘルスケアデータを収集したプラットフォームを構築するものです。企画・運営推進ではデロイト トーマツ コンサルティング合同会社、プラットフォームの構築では富士通株式会社の協力を受けるということです。
文: 蟹山淳子