第一生命保険株式会社は、国内ベンチャー企業の株式会社MOLCURE(モルキュア)に対し1億円の投資を実施したと発表しました。投資は、運用収益の獲得と社会の構造変化等社会的インパクトの創出の両立を意図するインパクト投資として行うものです。

モルキュアは、AIを活用した世界初の抗体医薬品開発プラットフォームAbtracerを提供しており、医薬品開発の短期化および医療費削減に貢献することが期待されています。第一生命はESG投資の一環であるインパクト投資を通してモルキュアの取組みを資金面からサポートし、今後も進捗状況を継続的にモニタリングしていくということです。
同社によれば、抗体医薬品とは「病気の原因となる物質を無毒化する働きを持つ抗体を主成分とする医薬品です。一種類の抗体は特定の原因物質にのみ作用するため、副作用が少ないと考えられています。また、有効な治療法のない難病やガンの治療への応用も期待されています。」

文: 蟹山淳子