第一生命保険株式会社は、最先端レーザ技術を活用した世界初の低視力患者向けアイウェア等の開発・提供を行う国内ベンチャー企業の株式会社QDレーザに対し、ESG投資の一環であるインパクト投資として3億円の投資を実施しました。インパクト投資は、運用収益の獲得だけでなく、社会的インパクト(社会の構造変化等)を創出することも意図して投資判断を行う投資手法。

QDレーザは、最先端のレーザ技術・光学技術を用いて、網膜に映像を直接投影する世界初の網膜走査型レーザアイウェアを開発・提供しています。このレーザアイウェアを利用すれば、これまでの矯正手法では十分な視力を得られなかった低視力患者も、網膜が正常であればより鮮明な映像を見られるようになり、低視力患者のQOL改善に繋がると期待されています。

同社は、QDレーザの取組みを資金面からサポートするとともに、今後も継続的に進捗状況をモニタリングしていくということです。

文: 蟹山淳子