第一生命保険株式会社は、新生銀行グループの新生キャピタルパートナーズ株式会社(SCP)の組成する、バイオベンチャーファンド「New Life Science1号投資事業有限責任組合」に10億円の投資を決定したと発表しました。

同社によればこのファンドは、「主に創薬や生活習慣病予防等のベンチャー企業に投資を行う予定であり、日本発の革新的な医薬品創出や、テクノロジーを活用した高度医療介護の実現、医療費高騰等の社会課題の解決への貢献」を目指すということです。

SCPは、ベンチャー投資経験者や製薬会社出身者で構成されていて、ライフサイエンス分野のベンチャー企業の成長支援とともに投資リターンの確保も期待できます。同社は、運用収益の向上だけでなく、「社会へのポジティブ・インパクト」の拡大を目指していくということです。

出典:新生キャピタルパートナーズ株式会社の組成するバイオベンチャーファンドへの出資

文: 蟹山淳子