朝日生命保険相互会社と国立大学法人東京大学は、2018年4月1日より、大学院医学系研究科に社会連携講座「糖尿病・生活習慣病予防講座」を開設し、日本国民の健康増進に資することを目的に、医療ビッグデータの解析やICTの活用を通じ、『生活習慣病の予防と重症化防止に資する効果的モデルの構築に向けた共同研究』を開始したと発表しました。

生活習慣病とその関連疾患は、医療費の約3割、死因の約6割占めると言われています。生活習慣病の予防と重症化防止への対策は、健康寿命を伸ばし、医療費軽減につながると予想されます。そこで、まずは生活習慣病の代表的疾患であり、患者数も多い糖尿病を中心に、医療データを解析し、重症化予測モデルの構築や生活習慣の効率的な改善スキームの確立するための共同研究をすることとなりました。
同社は、今回の共同研究の成果を生活習慣病の予防、重症化防止や、生活習慣の改善に役立つ保険商品やサービスの開発などに活かしていくということです。

文: 蟹山淳子