明治安田生命保険相互会社はノーリツ鋼機株式会社と包括的に提携し、新たな健康増進サービスの開発を進めるとともに、ヘルスケアデータの活用に向けて共同で研究・検討を行なうと発表しました。顧客・地域社会・自社従業員の健康増進の取組みを継続的に支援する「みんなの健活プロジェクト」(2019年4月に本格展開の予定)の取組みをさらに充実することが目的です。

同社はノーリツ鋼機グループの株式会社JMDCと、2019年4月に発売を予定している新商品の加入者を対象とした「MY健活レポート」を共同開発しています。「MY健活レポート」は、毎年提出する健康診断結果に基づいてパーソナライズした情報を提供し、健康増進への取組みを支援するツールです。2019年1月から、その一部である「疾病リスク予測」(統計的に算出した入院リスク、健康年齢(R)等を表示)を、未加入者でも利用できるよう、「体験版」が同社公式ホームページ等で順次公開されます。

2019年1月7日からは、ノーリツ鋼機グループのNKメディコ株式会社、ハルメク・ベンチャーズ株式会社と協働し、病気の予防・早期発見に資する「先進検査」「おうちでドック」(郵送型検査キット)の加入者向け優待サービスを開始しています。

文: 蟹山淳子