日本生命保険相互会社と神奈川県は、2019年2月4日に包括的連携協定を締結したと発表しました。

同社は、「人生100年時代」を生きる一人ひとりが「安心して・自分らしく」過ごすことができる社会づくりをサポートするために『Gran Age(グランエイジ) プロジェクト』を展開しています。神奈川県と包括的連携協定の締結により、幅広い分野で連携しながら、地域活性化や県民サービスの向上に取組んでいくということです。

同社プレスリリースによれば、協定項目は以下の通りです。
(1)SDGsの普及啓発に関すること
(2)健康増進に関すること
(3)未病を改善する取組に関すること
(4)人生100歳時代の設計図の取組に関すること
(5)共生社会の推進に関すること
(6)子育て支援・教育の振興に関すること
(7)中小企業支援に関すること
(8)スポーツ振興に関すること
(9)その他県民サービスの向上・地域の活性化に関すること

文: 蟹山淳子