一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、ドローン飛行支援地図サービスに保険をセット化した「SORAPASS care」を2018年12月5日から販売開始したと発表しました。業務利用・ホビー利用どちらもカバーするドローン保険は国内初ということです。

「SORAPASS care」にセットされる保険では、趣味利用・業務利用を問わず、ドローンの所有・使用・管理に起因した事故を起こし、他人にケガをさせたり、他人の財物を壊したりして、賠償責任を負った場合に1億円を限度に保険金を受け取ることができます。

補償の対象となるのは、『SORAPASS Care』への申込みを行った個人と、その人が所属する法人や個人事業主で、『SORAPASS Care』の申込みを行うと、賠償責任保険が自動的に付帯されます。

ドローンには自らの飛行情報を発信・共有する機能が無いため、ドローン同士の衝突や有人機との衝突などの危険性があります。このリスクに対応するため、JUIDAとブルーイノベーションは、2016年から提供しているドローン飛行支援地図サービス「SORAPASS」に、ドローン利用者が自機の使用状況や緊急連絡先を発信し、飛行エリアを他者と共有する機能を新たに開発しました。ここに、損保ジャパン日本興亜が提供する保険をセット化し「SORAPASS care」をサービス提供することとなりました。

文: 蟹山淳子