大同生命保険株式会社は、豪州の生命保険グループ「Integrity Group Holdings Limited」(インテグリティ社)への14.9%の出資に合意するとともに、同社と協働協定を締結したと発表しました。

インテグリティ社(持株会社)は、2017年12月に小規模生命保険会社を買収し、2018年から本格的に事業を開始した豪州の生命保険グループであり、団体保険の引受に加え個人保険事業へも参入する予定です。同社によれば「豪州生命保険市場において新たな試みを行うインテグリティ社と提携関係を結ぶことは、将来の両社の発展に寄与するものと考えており、今後、人的交流を含む協働を推進していく方針」ということです。

なお本件の出資額は13百万豪ドル(約11億円)です。

文: 蟹山淳子