住友生命保険相互会社は株式会社サムライインキュベートが運営する、Samurai Incubate Fund6号投資事業有限責任組合に出資したと発表しました。なお、サムライインキュベートが運営するファンドへの出資は、保険会社としては同社が初のケースということです。

出資したファンドの投資先は日本・イスラエル・アフリカ大陸に特化されています。同社によれば、コンセプトは「出資者と連携した投資先支援を行うオープンイノベーションファンドであり、投資テーマのポイントは、IoT、A.I、ブロックチェーン、ドローン、XR等のテクノロジーを活用していること。これらをベースに、企業におけるバリューチェーンの生産性や競争優位性を向上させる事業や、既存産業内における革新的な製品・サービスの提供を行う事業であること。対象とする産業は、物流、金融(Fintech)、小売、医療、建設、不動産、エネルギー、飲食等のサービス分野等が中心。」ということです。

同社は2018年度に、東京と米国シリコンバレーに「スミセイ・デジタル・イノベーション・ラボ」を開設しています。今回の出資により、サムライインキュベートが支援するスタートアップ企業とネットワークを構築し、人材育成や事業創出プログラムの活用などを通じ、デジタル・イノベーションを加速させるということです。

文: 蟹山淳子