三井住友海上火災保険株式会社は、クジラ株式会社グループのSEKAI HOTEL株式会社の協力のもと、民泊・旅館事業者向け個人賠償責任保険を設計し販売を開始すると発表しました。

この商品は、民泊・旅館業者向けに開発された「事業者向け個人賠償責任保険」です。階下の部屋への漏水や施設にある備品の損壊など宿泊者が起こした賠償事故を補償し、事故が発生した際は、同社が示談交渉や訴訟手続きを代行します。補償内容や補償対象となる人などを合理的に商品設計することができ、事業者の業態や利用者数、サービス内容等から個別に保険料を算出します。第一号として、SEKAI HOTEL*との契約が締結されたということです。

* SEKAI HOTELは、空き家の活用とホテル不足解消の2つの課題を解決するため、「フロント」「宿泊」「飲食」「物販」「アクティビティ」などの機能を点在する空き家で再活用しながら、町全体にホテルの機能を持たせる「まちごとホテル」という新しい発想のホテルです。
(同社プレスリリースより)

文: 蟹山淳子