メットライフ生命保険株式会社と株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)は、「健康増進型保険」の企画・開発・提供、健康維持・増進等に関連するサービス提供等において、業務提携をすることに合意したと発表しました。

両社プレスリリースによれば、業務提携により予定される取組み内容は以下の通りです。

1. 従業員の健康増進に資する法人向け健康増進型保険の開発
2. 顧客が楽しみながら健康増進を行うためのデジタルサービスの提供
3. 相互の顧客基盤や販売チャネル等を活用した生命保険販売における協業

人生100年時代が到来するといわれ、平均寿命・健康寿命はどちらも年々伸びていますが、厚生労働省の統計によれば、その差は男性約9年、女性約13年です。この期間は介護などが必要となるため、この差を縮めることが社会保障費抑制につながると言われています。また、企業にも従業員等の健康増進への取組みが求められています。

メットライフ生命の保険商品開発力と、DeNAのヘルスケアサービスや健康・医療データを活用することで、健康維持・増進をサポートする保険商品やサービスの開発を目指すということです。

出典:メットライフ生命と DeNA が業務提携

文: 蟹山淳子