ソニー生命保険株式会社は「アイメイト(盲導犬)使用による視覚障がい者の社会参加の支援」を目的として、2019年3月4日に公益財団法人アイメイト協会へ寄付金の贈呈を行いました。

アイメイト協会は日本で最初の盲導犬を誕生させた古い歴史を持ち、最も多くの優れたアイメイトを送り出している団体です。

2018年度は、全社員からの募金が728万円集まり、会社の特別寄付金とあわせて1,457万円の寄付金を贈呈しました。その結果、同社の盲導犬育成事業に対する寄付金の総額は約2億5,800万円となりました。

同社では、社会貢献活動を社員に推奨しており、その一環として、1997年度より毎年「視覚障がい者の社会参加の支援」を目的に「アイメイト募金」を実施しています。また、ストラップやマスコット人形、クリアファイルなどアイメイトチャリティグッズの斡旋販売を行っており、仕入価格を除く金額をすべて寄付する取組を行っています。

これらの募金活動は、1年間に社員から寄せられた募金額に会社が同額の支援を行う「マッチングギフト方式」をとっており、その募金をアイメイトの育成を行う公益財団法人アイメイト協会に贈呈しています。

出典:公益財団法人 アイメイト協会へ寄付金贈呈~アイメイト(盲導犬)の育成を通じて、一人でも多くの視覚障がい者の社会参加をサポート~