株式会社助太刀と株式会社クレディセゾンは、建設現場と職人のマッチングアプリ「助太刀」を利用する職人を対象に、その日の工事代金を即日チャージでき、利用できるVisaプリペイドカード「助太刀カード」の発行を、2019年1月11日より開始しました。また、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、助太刀カード会員の仕事中における怪我を補償する傷害保険を提供すると発表しました。

助太刀アプリには工事代金の即日受取りができる「助太刀pay」のサービスがありますが、助太刀カードを利用すれば、即日チャージすることもできるようになりました。助太刀カードのチャージは銀行口座振込みでも可能で、Visa加盟店での支払いに利用(利用代金の0.25%がキャッシュバック)できます。また、会員同士の送金も可能なので、昼食時の割り勘や飲み会の精算などにも使えます。

即日受取サービス手数料は7%で、工事代金から手数料が差引かれた金額を受け取ることになります。工事代金の受け取り上限額は1回あたり10万円、入会金・年会費は無料です。また、建設現場でのケガを補償する傷害保険が付帯しており、入院1日当たり5,000円、傷害手術50,000円(入院中以外は25,000円)が補償されます。

文: 蟹山淳子