カーディフ生命保険株式会社およびカーディフ損害保険株式会社は、団体信用生命保険(団信)などのWeb申込みサービス「カーディフ団信オンライン」に自動引受査定エンジンを導入し、告知手続機能とユーザビリティを向上させたと発表しました。

同社は、2014年7月に住宅ローン契約時に加入する団信などの申込みや健康状態に関する告知をWebで行えるサービス「カーディフ団信オンライン」提供開始しました。また、2016年6月には、書面での署名・捺印プロセスも省略した完全ペーパーレス化も実現し、申込手続きを最短で即日完了できるまで短縮しました。

今回、自動引受査定エンジンを組み込んだことで、告知手続きをこれまでより簡単に行えるようになりました。健康状態について告知事項がある場合も、従来のように全質問に回答するのではなく、必要に応じてカスタマイズされた質問にだけ答えることで手続きができます。また、健康に不安のある顧客にも、団信加入の可否を“その場で”システムが引受けの可否を判断するため、即時回答できるケースが多くなります。

出典:団信WEB申込サービス「カーディフ団信オンライン」に自動引受査定エンジンを導入

文: 蟹山淳子