オリックス生命保険株式会社は2019年2月1日より、「先進医療給付金直接支払サービス」の取扱いが可能な医療機関に「成田記念陽子線センター」(愛知県豊橋市)を追加したと発表しました。

同社の先進医療給付金の直接支払サービスは、先進医療の中でも高額な重粒子線治療および陽子線治療を対象に、先進医療の治療費を同社から取扱い医療機関に直接支払うサービス。今回の追加で、全国19の医療機関で取扱いできるようになりました。

重粒子線治療と陽子線治療は、いずれも治療費が平均260万円を超える先進医療※ですが、公的医療保険の対象外であるため、全額自己負担となります。従来の先進医療給付金では、顧客が同社から給付金を受け取って、医療機関へ治療費を支払うことになっていたため、顧客が高額な治療費を一時的に負担するケースがありました。

文: 蟹山淳子