あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、米国のAIスタートアップ企業Verikai Inc.社に100万ドル(約1.1億円)の出資を行ったと発表しました。

Verikaiは、パーソナルデータを集約した独自のデータベースを構築し、それをAIで高度に分析する技術を持っています。その技術は、顧客特性に合わせてカスタマイズした商品・サービスの提供や、顧客特性に合わせたマーケティングによって、顧客満足度や収益の向上が期待できるもので、既に米国の大手金融機関にサービスを提供しています。

同社は、Verikaiへの出資にとどまらず、同社の米国子会社(Aioi Nissay Dowa Insurance Service USA Corporation)との共同研究を開始して、モビリティサービス分野での保険サービスや商品への活用を行っていくということです。

文: 蟹山淳子