毎年夏場になると、熱中症で病院に運ばれる人のニュースが多く流れます。重篤化すると命にもかかわることがある熱中症ですが、それはワンちゃんでも同じこと。特に夏に外へお散歩に出かけるときは、わが子の熱中症が気になるのではないでしょうか。

そこで、ワンちゃんの熱中症対策について知っておきましょう。

ワンちゃんは暑さに弱いことが

毎日のお散歩が欠かせないワンちゃんたち。夏のお散歩では十分な暑さ対策をしてあげたいものですよね。

国土交通省※1によると、気温が30度以上になると舗装した路面の温度は50〜60度にまで達することがあります。

ワンちゃんは裸足で、私たちよりも地面に近いところを歩くため、地面からの放射熱など暑さの影響を受けやすいようです。特にチワワやミニチュアダックスなど、足の短い犬種は暑さから守ってあげる工夫が必要かもしれません。

また、ドックランでの熱中症も多いようです。環境省の資料※2によると、ワンちゃんたちは体を毛皮で覆われていることや、人間と違って汗腺がなく汗による体温調節ができないことから、暑さに弱いことがあります。

ドッグランの地面はアスファルトの路面よりは低温かもしれませんが、夢中で遊んでいると体力を消耗したり、脱水が起きたりすることも。わが子が熱中症にならないようによく注意してみていてあげたいですね。

ワンちゃんの熱中症の症状

ワンちゃんたちは身体に不調が現れても、言葉では飼い主さんに伝えることができません。わが子の異変に早めに気づいてあげたいものですが、熱中症になるとどのような症状が現れるのでしょうか。

ワンちゃんたちが熱中症になると、環境省の資料※2によると、軽度の症状では、口を開けてハアハアと大きく呼吸をする、よだれを垂らす、体温が40度近くになるなどの特徴がみられるようです。中等度になると筋肉が震える、吐き気や下痢、呼吸困難などの症状がでることがあります。そして重度になると動かなくなる、意識を失うなどに至るようです。

熱中症が重症化すると合併症を起こしたり、最悪の場合には死に至ってしまうこともあります。しかし外から見て明らかな症状は中等度や重度になってから現れるものが多いようです。

熱中症の応急処置と治療方法は?

熱中症の診断は獣医師さんが行うものです。熱中症を疑ったら速やかに動物病院に電話をして、病院に連れていってあげることが大切ですが、連れていってあげるまでの間におうちでできることがあれば、対応してあげたいですよね。

まずは体温を下げることが大切

おうちでできる対処法には、おもに体を冷やしてあげることと、水分補給をしてあげることが挙げられます。
体を冷やすには、直接体に水をかけます。常温の水でゆっくり冷やし、こまめに体温を測るとよいようです。

また、お水を自力で飲めれば水分補給も大切だそうです。ただし、ぐったりして飲めないときには気管に入ってしまう危険があるので、無理に飲ませなくてよいようです。

心配な時には迷わず動物病院へ

しかし、熱中症かどうかを飼い主さんが判断するのは難しいものです。自己判断で手遅れになる危険を避けるためには、早めに動物病院に相談し、重症化の恐れがあれば病院に連れていってあげたいものですね。

動物病院に連れていくときに飼い主さんに気になることのひとつが、治療費用かもしれません。
ペット保険では熱中症の治療費も補償の対象になります。暑いときにわが子が体調不良になったとき、早めに動物病院に連れていってあげるうえでの安心になるかもしれませんね。

夏のお散歩で気を付けることは?

このように、熱中症になったらケースにより高額な医療費がかかってしまうものではありますが、ワンちゃんにとってお散歩は大切な習慣でもあるでしょう。わが子を熱中症から守って、安全にお散歩をするにはどんなことに気をつければよいのでしょうか。

お散歩は涼しい時間帯や木陰を選んで

気温が30度以上に達する日の路面は高温です。日中にかけて急上昇する傾向もあるようです。特に12時から15時の間は極めて高温ですから、ワンちゃんのお散歩には早朝や日が沈んでから出かける、短時間で済ませるなどで、わが子の身体へのダメージを防ぐとよいのではないでしょうか。

日中にお散歩をするときには木陰を歩くことも有効でしょう。日差しの下では約50度に上る地面の表面温度が、木陰では30度ほどにとどまるというデータもあります※3

適度な休憩と水分補給を忘れずに

もちろん、熱中症予防に休憩や水分補給が大切なのは私たち人間と同じです。たとえばお散歩中には30分ごとに休憩をとってあげる、水をすぐに飲ませてあげられるように準備しておくなどもよさそうです。

また、市販されている熱中症対策グッズを利用するのもよいでしょう。ペットショップなどには、水に濡らすと冷たくなるクールバンダナやクールウェア、保冷剤を入れることができるハーネス、肉球を熱から守るブーツなどが販売されています。

ワンちゃんの熱中症のリスクを知って、安心のお散歩を

お散歩やドッグランはワンちゃんたちにとって楽しい活動であるとともに、夏場には熱中症の危険もあります。特に気温が高い日には、地面に近いところを歩くワンちゃんたちは私たち以上に暑さの影響を受けやすいです。いつも以上に飼い主さんが注意して、暑さ対策やこまめな休憩、水分補給をしてあげたいですね。
また、万が一の時に大切な家族が出すサインを理解して、熱中症からわが子を守りたいものですね。

※1 出典:国土交通省「路面温度上昇抑制機能を有する舗装技術の効果確認」
※2 出典:環境省「動物の体温調節の特徴 ペットの熱中症と対策 平成31年度熱中症対策シンポジウム」
※3 出典:環境省「日向と木陰で感じる暑さの違い 猛暑に対する街なかでの対応方策について」

参考:アニコム損害保険株式会社「STOP熱中症プロジェクト」

  • 監修者プロフィール

    ファイナンシャルプランナー 加藤 梨里

    加藤 梨里(かとう りり)

    マネーステップオフィス株式会社代表取締役
    CFP(R)認定者、金融知力インストラクター、健康経営エキスパートアドバイザー
    マネーに関する相談、セミナー講師や雑誌取材、執筆を中心に活動。保険、ライフプラン、節約、資産運用などを専門としている。2014年度、日本FP協会でくらしとお金の相談窓口であるFP広報センターにて相談員を務める。