2019年6月、犬猫へのマイクロチップ装着の義務付けることなどが盛り込まれた改正動物愛護法が成立しました。今後、犬や猫の販売業者に対して、マイクロチップの装着と所有者情報の登録が義務化されます。
また、登録された犬や猫を購入した飼い主さんには、氏名や住所などの情報を登録する努力義務が課せられる予定です。

そこで、マイクロチップのしくみや装着方法などについて知っておきましょう。

マイクロチップとは?

マイクロチップは、直径2mm、長さ約8~12mmで、ワンちゃんやネコちゃんの体内に装着するものです※1。細長い円筒形で、アンテナとICが内蔵されています。

内部に15ケタの番号を記録し、国(3ケタ)、動物(2ケタ)、メーカー(2ケタ)、個体識別番号(8ケタ)がわかるようになっています。この番号を全国の動物保護センターや保健所、動物病院などに配備されている専用のリーダーで読み取ると、あらかじめデータベースに登録するワンちゃんやネコちゃんの名前、生年月日、性別、飼い主さんの名前、連絡先などの情報と紐づけて、身元を確認できるしくみになっています。

装着は迷子札のように首輪に着けるのではなく、首の後ろの皮下に注入します。電池がなくても作動するため半永久的に使え、途中で交換する必要はありません。

マイクロチップは、犬や猫のほか、ウサギやモルモット、ハムスターなどのほ乳類はもちろん、鳥類、カメやへびなどのは虫類、カエルなどの両生類、魚類などに装着することもできます。

マイクロチップはなぜ義務化されたの?

今回、マイクロチップの装着が義務化されたのは、ワンちゃんやネコちゃんと飼い主さんの情報をデータベースに登録することで、飼い主さんが安易にワンちゃんやネコちゃんを捨ててしまうことがないようにする狙いがあるようです。

マイクロチップは迷子になった時の再会にも役立つ

また、わが子が迷子になってしまったとき、災害や盗難で離ればなれになってしまった際に身元確認をしやすくすることで、飼い主さんと再会できる確率を高めることも期待されています。

実際に、2016年に発生した熊本地震では、マイクロチップを装着していたワンちゃん7頭のうち6頭が、登録されていた情報を使って飼い主さんと再会できたそうです※2
装着していたことによって飼い主さんと再会できたのは、首輪だけだった子では344頭中136頭(40%)、鑑札・狂犬病予防注射済票では16頭中15頭(94%)だったそうです。

地震などの自然災害をはじめ、盗難や事故、日常生活においてペットが迷子になった場合には、鑑札とともにマイクロチップをつけていれば、わが子と再会できる確率がより高まると期待できそうです。

マイクロチップを埋め込んだ犬・猫は増えている

こうした効果から、マイクロチップはワンちゃんやネコちゃんの身元を証明する方法として、すでに欧米を中心に世界で広く使われています。

日本でも、マイクロチップを装着するワンちゃんやネコちゃんの数は増加傾向にあります。マイクロチップの情報を登録する「動物IDデータベースシステム」の登録件数は、2002年度末時点で約2,000件でしたが、2010年度末時点では約45万件、2019年8月時点では約200万件にまで増えています※3

これは近年、マイクロチップの義務化に向けて国などが普及啓発を進めてきたことや、これにともない補助金を交付する自治体が増えていることが影響しているようです。

しかし一方で環境省の調査によると、ペットの所有者表示の方法は首輪や名札が中心で、マイクロチップを装着している人はまだ一部でもあるようです。
今回の義務化によって、マイクロチップをつけたワンちゃんやネコちゃんがより増えていくかもしれません。

マイクロチップの義務化の対象は?すでに飼っている犬・猫も対象?

では、すでにわが家にいるワンちゃんやネコちゃんにもマイクロチップをつけなければならないのでしょうか?

今回(2019年)の義務化でマイクロチップ装着が義務づけられるのは、犬や猫の販売業者やブリーダーです。マイクロチップの装着と、所有者情報の登録も義務づけられています。

法改正が施行されるのは公布から3年以内の予定とされており、2022年の夏ごろまでには実際の義務化がスタートする見込みです。

ですから、2022年以降に新たにワンちゃんやネコちゃんをペットショップで購入して家族として迎えるときには、すでにマイクロチップが装着された子が来ることになります。

一方で、すでに飼っているわが子については努力義務とされています。いまのところは、わが子にすぐにマイクロチップを装着しなければならないわけではありません。

マイクロチップの装着方法・費用は?

では、マイクロチップはどのようにワンちゃんやネコちゃんに装着するのでしょうか。また、装着にはどのくらい費用がかかるのでしょうか?

装着方法

マイクロチップはワンちゃんやネコちゃんの体の中に埋め込むので、獣医療行為にあたり、必ず獣医師が行います。
注射針より少し太い、専用の注入器を使って埋め込みます。犬や猫の場合は、首の後ろの皮下に入れることが多いようです。

注入する際の痛みは普通の注射と同じくらいで、鎮静剤や麻酔薬などは基本的にせずに埋め込まれるようです。

環境省※2によると、埋め込みできるのは犬で生後2週、猫で生後4週頃からのようです。埋込みによる健康への影響はないとされていますが、一部では懸念の声があり、今後検証が進められると考えられます。

装着にかかる費用

マイクロチップを装着するときには、動物病院で埋め込みの施術料がかかります。
費用は動物の種類や動物病院によって異なりますが、犬や猫の場合は数千円〜1万円程度のところが多いようです。

なお、動物病院で施術してもらうとはいえ病気やケガの治療ではないので、ペット保険に加入していても、マイクロチップを装着するための費用は保険からはおりません。

登録にかかる費用

装着したら、わが子のマイクロチップ情報を、日本獣医師会などからなる「動物ID管理普及推進会議(AIPO)」という組織のデータベースに登録します。
マイクロチップを装着した動物病院で受け取る登録用紙に必要事項を記入して郵送すると、データが登録されるようです。このとき、登録料1,000円がかかります。マイクロチップの代金に含まれている場合もあるようです。

引越しなどで、後で登録情報を変更するときには費用はかかりません。

全国の自治体の中には、こうした費用の補助を行っているところがあります。自治体により異なりますが、おおむね1,000円~3,000円を補助し、マイクロチップの装着やAIPOへの登録料の負担を軽減できるようにしています

マイクロチップを入れていると保険料が割引になるペット保険も

一部のペット保険の中には、マイクロチップを装着すると保険料が割引になるものがあります。割引が適用される場合には年間数百円程度で、すでにペット保険に加入していたワンちゃんやネコちゃんが後からマイクロチップを装着したときには、更新時に割引されるところもあるようです。

わが子が迷子になってしまったときの安心を手に入れられるうえ、ペット保険の保険料が割引されるのはうれしいですね。

日頃から、わが子が迷子になってしまったときへの備えを

今回の義務化はおもにペットショップなどの販売業者向けのもので、飼い主さんがすぐにわが子にマイクロチップを装着しなければならないわけではありません。ただ、大切な家族であるワンちゃんやネコちゃんが迷子になってしまったら、飼い主さんもつらいもの。いざわが子とはぐれてしまったときのことを考えると、日頃から対策について考えておきたいものですね。

その一つの方法として、マイクロチップが役立つかもしれません。

※1 出典:環境省「マイクロチップのメリット」
※2 出典:環境省「動物の愛護と適切な管理
※3 出典:環境省「犬猫のマイクロチップの義務化について」

参考:日本獣医師会「動物の福祉及び愛護」

  • 執筆者プロフィール

    ファイナンシャルプランナー 加藤 梨里

    加藤 梨里(かとう りり)

    マネーステップオフィス株式会社代表取締役
    CFP(R)認定者、金融知力インストラクター、健康経営エキスパートアドバイザー
    マネーに関する相談、セミナー講師や雑誌取材、執筆を中心に活動。保険、ライフプラン、節約、資産運用などを専門としている。2014年度、日本FP協会でくらしとお金の相談窓口であるFP広報センターにて相談員を務める。