バイク保険を学ぶ

バイク保険は、バイクを運転しているときの事故で損害が発生したときにかかる費用に備える保険です。

法律によって、バイクを所有する人は必ず「自賠責保険」に加入することになっていますが、それだけではカバーできないリスクに備えて、任意で契約するバイク保険があります。

任意で契約するバイク保険では、おもに1.相手への賠償2.自分や同乗者のケガ3.乗っていたバイクの損害の3つに備えることができます。

バイク保険でどんな備えができる?

バイク保険は、バイクを運転しているときに起きた事故でけがをしたり、相手にけがをさせてしまったり、バイクが壊れてしまったりしたときに保険金がおりる保険です。バイクを持っている人がおもに検討したい保険です。
原付バイクや小型バイクでも、任意のバイク保険に契約できるところもあります。

法律で義務づけられている自賠責保険の上乗せとして、バイクを運転中のどんな損害に備えたいかに合わせて、補償を組み合わせて契約します。
補償はおもに、次の3種類にわけられます。

1.人にけがをさせたり、人の車やモノを壊したときの賠償費用に備えられる

バイクを運転する人がまず考えたいのが、事故の相手にけがをさせたり、人の車やバイク、モノを壊して賠償責任を負ってしまったときへの備えです。

自分がバイクで事故を起こして人にけがをさせてしまったり、死亡させてしまったりしたときに保険金がおりるのが「対人賠償保険」です。

バイクを持っている人に加入が義務付けられている「自賠責保険」にも対人賠償の補償がありますが、おりる保険金に上限があります(けがによる損害は120万円、死亡による損害は3000万円まで)。
そこで、自賠責保険からの保険金よりも大きな損害賠償責任を負ってしまったときに、民間のバイク保険の対人賠償保険で備えられます。

バイク事故によって人の車やガードレールにぶつかってしまった、建物に激突したなどでモノを壊してしまったときに保険金がおりるのが「対物賠償保険」です。法律上の損害賠償を負ったときにかかる費用に備えられます。

人にけがをさせたり、モノを壊して賠償責任を負ったときには、数千万円や億単位の損害賠償を払わねばならないケースもあります。このため、対人賠償保険や対物賠償保険は多くのバイク保険に基本でセットされています。おりる保険金額の上限を無制限にできるバイク保険が一般的です。

2.自分や同乗者のけがや死亡にも備えられる

バイク事故では、自分や同乗者がけがをしたり亡くなってしまったりするおそれもあります。そんなときにかかる治療費に備えるのが、「搭乗者傷害保険」と「人身傷害保険」です。

搭乗者傷害保険は、けがをしたときにまとまった一時金を受け取ることができます。実際にかかった治療費にかかわらず、決められた定額が保険金でおります。

人身傷害保険は、治療にかかった実費に加え、けがで働けなくなった時の損害も保険金でおります。人身傷害保険は、基本的にはバイクに乗っている間に起きた事故が対象になりますが、そのほか、歩いているときに自動車にひかれてけがをしたときなども対象になるタイプもあります。

3.自分のバイクの修理費や買い替えの費用にも備えられる

バイクを運転していれば、事故やアクシデントで愛車が壊れたり傷ついたりするおそれもあります。そんなときの修理にかかる費用に備えることもできます。

車両保険」は、事故で自分のバイクが傷ついたり壊れたりしたときに、修理代や買い換えに必要な費用が保険金でおりるものです。
ただし、バイクの車両保険は加入できる保険会社が限られていたり、盗難は対象外など制限がある場合があるため、注意が必要です。

マイカーのさまざまなアクシデントに備えてバイク保険の検討を

このように、バイク保険はバイクにかかわるさまざまなリスクへの補償があり、ご自身で選んで契約することができます。

保険会社によって組み合わせの方法が異なり、ネットで契約できるバイク保険にはニーズに合わせて自由に補償を組み合わせられるものもあります。

以下の記事では、バイク保険の自賠責保険や、事故対応などについて解説しています。ご自身やご家族のニーズに合わせて、最適なバイク保険を検討したいですね。

バイク保険・記事一覧

バイクの任意保険とは?自賠責保険との違いを比較

バイクの自賠責保険とは?補償内容と保険料一覧