ゴルフ保険を学ぶ

ゴルフ保険は、ゴルフをプレーしているときに起きたアクシデントで損害が発生したときにかかる費用に備える保険です。

おもに、(1)他の人への賠償、(2)自分のケガ、(3)ゴルフ用品の破損や盗難、(4)ホールインワン・アルバトロスの費用に備えることができます。

ゴルフ保険でどんな備えができる?

ゴルフ保険は、ゴルフをしているときに人にケガをさせてしまって賠償責任を負ったり、自分がケガをしてしまったり、ゴルフ用品が壊れたり盗まれてしまったりしたときに保険金がおりる保険です。おもに、趣味やお付き合いでゴルフに行く人が検討したい保険です。

補償はおもに、次の4種類があります。

(1)ゴルフ中に人にけがをさせたり、人のモノを壊したときに賠償するお金に備えられる

ゴルフクラブを振ってボールを遠くまで飛ばすプレースタイル上、ゴルフをしているときには思いがけず人にケガをさせてしまったり、ものを壊してしまうリスクがあります。こうした事故によって相手の治療費を払う、壊れたものの修繕費用を負担するなど、賠償責任を負ってしまったときに備えることができます。

賠償責任補償」といって、後ろに人がいるのに気がつかずにクラブを振ったら人にあたってケガをさせてしまった、飛ばしたボールが建物にぶつかってガラスを割ってしまったようなときに、保険金がおります。プレー自体ではなく、ゴルフ場内をカートで走っていたときに人にケガをさせてしまった場合も対象になります。

ケガをさせてしまった人が重傷だったり、後遺障害が残ったりしたときには、請求される損害賠償が高額になることがあります。このため、賠償責任補償はゴルフ保険に基本でセットされており、おりる保険金額の上限も1億円や2億円などに設定されているプランが一般的です。

(2)自分のけがや死亡に備えられる

ゴルフをしているときの事故では、自分が思わぬけがをしたり亡くなってしまったりするおそれもあります。そんなときにかかる治療費や入院費用などがおりるのが「ゴルフ傷害補償」です。他のプレーヤーの打球が頭に直撃した、転んでケガをした、池に転落して溺れたなどでけがをしたとき、亡くなったとき、入通院をしたときに保険がおります。熱中症で体調が悪くなり、治療を受けたときも対象になります。

下りる保険金は、死亡や後遺障害では300万円~500万円などを上限に、入通院では1日あたり1,000円から5,000円などに設定されているプランが多いです。

(3)ゴルフ用品の破損や盗難に備えられる

賠償責任補償やけがへの補償は、「ゴルフ保険」以外に自動車保険や火災保険などのオプションとしてセットでついていることがあります。しかしゴルフをしているときには特有のリスクもあります。それが、ゴルフクラブが盗まれたり壊れたりしたときです。ゴルフ保険には「ゴルフ用品補償」といって、こうしたアクシデントでグッズを修理したり、買い直したりするためにかかる費用に備えることができます。

(4)ホールインワン・アルバトロスの費用に備えられる

また「ホールインワン・アルバトロス費用補償」がセットされているのも特徴です。ホールインワンやアルバトロスを達成して祝勝会を開いたり、記念品を配ったりするときには費用がかかります。そのお金が保険でおります。10万円から100万円くらいまで、契約する保険のプランによって決まっています。

ゴルププレー中のアクシデントに備えてゴルフ保険の検討を

このように、ゴルフ保険はゴルフをプレーするときのさまざまなリスクに備えることができます。広いゴルフ場でプレーしているときはもちろん、一部の補償はゴルフ練習場や自宅でクラブを振って練習しているときも対象になります。

以下の記事では、ゴルフ保険の基本や入り方などについて解説しています。ゴルフが趣味で定期的にいく人はもちろん、付き合いで急にゴルフに行くことになったときに当日でも入れるものや、ネットで入れるものもあります。シチュエーションに合わせてゴルフ保険を検討したいですね。

ゴルフ保険・記事一覧

今からゴルフでも間に合う!当日でも入れるゴルフ保険まとめ

ゴルフ保険とは?補償内容と加入する時のポイントをまとめて解説