火災保険を学ぶ

火災保険は、自宅の建物や家の中にある家財が、火災や自然災害によって壊れたりなくなってしまったりしたときにかかる費用に備える保険です。

おもに1.建物の損害2.家財の損害の2つに備えることができます。

火災保険でどんな備えができる?

火災保険は、自宅が火災や落雷、台風、洪水などで焼けてしまった、壊れてしまった、流されてしまったなど損害を受けたときに保険金がおります。おもに、マイホームを持っている人は自宅の建物と家財、賃貸住まいの人は家財について検討したい保険です。

補償はおもに、次の2種類があります。

1.建物が焼けた、倒壊したなどで再建するお金に備えられる

マイホームを新築、購入した人が必ず検討したいのが、自宅の建物が火災や落雷などの災害によって使えなくなり、修理や再建するときへの備えです。

一戸建てにお住まいなら、火災で家が燃えてしまったり、台風で屋根が吹き飛んでしまったり、土砂崩れで家が倒壊してしまったりしたら、自宅を修繕するか、建て直すための費用がかかります。

またマンション住まいの場合も、自宅の室内の壁や床、ふすまなどが火事で燃えた、洪水で浸水した、浴槽や調理台などが壊れたようなときには、専有部分の修繕費用は自分で負担することになります。
そんなときにかかる費用に、火災保険で備えることができます。

多くの火災保険では、火災以外にも落雷、爆発、風災、雪災、水災のほか、自動車の飛び込みなどによる衝突、水漏れなども対象になります。ただし地震を原因とする災害は対象外です。

2.家財が焼けた、ぬれた、壊れたなどで修理、再購入するお金に備えられる

火災保険は、建物のほか家財に対しても保険をかけることができます。家財とは自宅の中にある家具や家電日用品などの持ち物をさします。災害でこうしたものが使えなくなったら、修理代や買い直すための費用がかかります。
火災保険の「家財保険」では、そんなときにかかる費用に備えられます。

持ち家住まいの人でも賃貸住まいの人でも、自宅のなかにある家具や家電が使えなくなってしまったら、少なからぬお金がかかるおそれがあります。ですから、家財保険は住まいの形にかかわらず検討したい保険です。

家財保険も、建物の火災保険と同じように、火災以外にも、落雷、爆発、風災、雪災、水災のほか、自動車の飛び込みなどによる衝突、水漏れなども対象になります。ただし地震を原因とする災害は対象外です。

なお、賃貸住まい向けに特化した家財保険は、水災が対象外、など補償が限定されているものもあるため注意が必要です。

地震保険をセットして、地震による費用にも備えられる

このように、火災保険は建物に対する補償と家財に対する補償を組み合わせて契約します。しかし地震を原因とする災害は補償されません。そこで、地震への備えをするのが「地震保険」です。

地震保険は、必ず火災保険とセットで契約します。設定できる保険金額は火災保険金額の最大50%以内など制限がありますが、地震による火災や津波で建物や家財が被害を受けたときに、生活を立て直すための費用に備えることができます。

火災や自然災害による損害に備えて火災保険の検討を

このように、火災保険は火災や自然災害などによって自宅がさまざまな損害を受けたときに、生活を再建するための費用に備えることができます。

持ち家か賃貸か、一戸建てかマンションかの違い、建物の構造や築年数、広さなどによって、火災保険の選び方や保険金設定の考え方は異なります。

以下の記事では、火災保険の補償や活用法などについて解説しています。ご家庭の暮らしのスタイルに合わせて、最適な火災保険を検討したいですね。

火災保険・記事一覧

失火の次に多い!放火のリスクと対策 火災保険がおりるケースをFPが解説

火災保険一括見積りのご紹介

火災保険比較に便利 一括見積りサイトの上手な活用法と注意点

マンション・アパートの上階から水漏れ、賠償してもらえない時への対処法

もらい火(延焼)で火災保険はおりる?賠償責任や補償内容をFPが解説

賃貸の火災保険 3つの補償内容と選び方を詳しく解説

空き家でも火災保険は必要?所有者が抱えるリスクと対応できる保険を紹介

単独で入れる地震補償保険。一般の地震保険との違いメリット・デメリットを解説

地震保険とは?補償の内容や限度をまとめて解説

家財保険は必要?補償内容と持家・賃貸住宅別メリットまとめ