自転車保険は近年重要な保険の一つになっています。

2008年、当時小学5年生の男の子が女性に衝突し女性は意識不明となり、その後判決で男の子の母親に9,500万円の賠償が命じられました。

便利で身近な乗り物である自転車ですが、事故を起こしてしまうとご自身のケガだけでなく、相手をケガさせてしまったり、多額の賠償金が発生するなど様々なリスクがあります。

各自治体も自転車事故による被害者の救済や加害者の経済的負担を重く受け止め、自転車保険の義務化を検討しています。
2015年10月に兵庫県が初めて自転車保険の義務化を導入しました。続いて大阪府、滋賀県、鹿児島県、名古屋市と義務化の動きが全国に広がっています。そして今年、2018年4月に埼玉県京都府、7月には神奈川県相模原市で自転車保険の義務化の条例が施行されました。

ご自身や家族が自転車に乗っているという方。
自転車事故のリスクに備えて自転車保険について学び、ご自身に合った十分な補償を準備しましょう。

自転車保険を学ぶ

自転車保険とは?2つの補償と選び方のポイントをわかりやすく解説

知っておきたい自転車保険の示談交渉サービス。交通事故の示談の流れと内容まとめ

自転車保険の義務化とは?地域や対象者、罰則についてまとめて解説

自転車事故は年間約10万件!自転車保険で加害者、被害者になった時の備えを

登校時に注意!中学生・高校生の自転車事故のリスクと対策

大きくなるにつれて増える!子どもの自転車事故リスク ~事故に備える保険のチェックポイント~