• PICKUP

妊娠中の妊婦さんでも入れる医療保険は?

妊婦の画像
 女性の身体は赤ちゃんを産むための機能があるため、男性よりも複雑でデリケートです。その分、病気の可能性やリスクも高まります。20歳代からは妊娠・出産に関するリスク、30歳代からは乳がんや子宮筋腫、卵巣腫瘍などが、60歳代前半ぐらいまで女性特有の病気の発症の可能性が増加していきます。
 また、出産に関しては初産を控え、初めて母子手帳を受取った妊娠初期は、喜びと期待でいっぱい。でも、腹痛や出血などの症状や、妊娠中期に入り、帝王切開、流産、妊娠中毒症、羊水過多症などの出産に関する不安や悩みを抱くプレママもいらっしゃるのでは?そこで妊娠中でも加入できる医療保険について解説します。

参考ページ:妊娠・出産時の入院給付金・出産育児給付金

一般的に、妊娠中に医療保険への加入はできても加入条件が付く

 母子手帳に初回診察記録をされた日から妊娠27週目までであれば、妊婦でもほとんどの医療保険に加入することが可能です。ただし、残念ながらほとんどの医療保険で『特定部位の不担保』という条件が付きます。妊娠中に医療保険にご加入された場合は、現在の妊娠に関して「帝王切開」など入院・手術をされたとしても、残念ながら給付金を受取ることができません。

初めて聞いたけど、『特定部位の不担保』って何?

 例えば、妊娠を理由に子宮に「特定部位の不担保」(不担保期間・条件は保険会社により異なる)が付加されると、不担保期間中に帝王切開や切迫早産など子宮に関する手術や入院をした場合には、入院給付金および手術給付金が支払われません。
 ただし、保険会社が指定した特定部位以外の入院・手術については、入院給付金および手術給付金が支払われます。

帝王切開も手術のひとつ。手術後は医療保険に加入できない!?

 また、過去5年以内にに帝王切開等の手術を受けた方は医療保険加入時に告知で質問される「過去5年以内に入院・手術を受けたことがありますか?」という問いに対し「YES」と答えなければなりません。そのため、上記と同様に『特定部位の不担保』の対象となります。

 したがって、女性の医療保険へのご加入は、できるだけ妊娠前の加入をお勧めいたします。
もし、帝王切開などの経験の前に加入済みの医療保険があるのならば、今の医療保険を解約せずに、手術後最低5年間は大切に契約を維持できると安心です。

『今の妊娠は保障の対象外でも良い!から終身医療保険を希望したい』方へ

 医療保険へのご加入を『妊娠してから検討している』のならば、直後の妊娠については保障対象にならないことが多い事を知った上でお申し込みください。

女性専用終身医療保険の一覧はこちら

妊娠中でもご加入OK!出産に備えることができる医療保険をご紹介!

1年更新型医療保険「新ABCおかあさん保険Ⅱ」

ABC少額短期保険の1年更新型医療保険『新ABCおかあさん保険Ⅱ』も、妊娠19週までの妊婦さんもお申込み可能です。さらに更新時には保険料の割引制度もご用意。詳しくはABC少額短期保険のホームページでご確認ください。

ABC少額短期保険『新ABCおかあさん保険Ⅱ』はこちら

告知は正しく、真実を!

保険会社はお申込いただく方に事前に検診や告知をしていただき健康状態を把握します。仮に事実と異なる告知をして保険に申込みをすることは可能です。が、万が一の保険金支払時には、健康保険組合やかかりつけ病院等への調査などがありますので、そこで、「告知義務違反」と分かり、せっかく保険料を支払ったのに給付金が受け取れなかったら困りますよね。告知は正しく、真実をご記入ください。

出産に備え、医療保険で万が一の場合のご準備を!

女性保険


持病があっても入りやすい医療保険


参考ページ:生命保険の告知とは?
参考ページ:出産費用に係わる出産一時金と入院給付金
参考ページ:女性特有の病気「子宮頚がんと無料検診」のしくみ
当サイトでは、商品の概要を説明しています。詳細につきましては『重要事項説明書』・『ご契約のしおり』をご確認ください。