住宅ローンと合わせて考えたい、生命保険の見直しポイント4つ

住宅の購入は「人生で最も高い買い物」と言われているため、検討に検討を重ねて決断されたと思います。
これに対して「人生で2番目に高い買い物」と言われる生命保険はいかがでしょうか。
検討に検討を重ねて加入されているでしょうか。
ひょっとしたら、もっと最適な生命保険があったかもしれません。

ここでは住宅を購入された方向けに、最適な保険選びの考え方についてご案内します。

  1. よりスムーズに住宅ローンを返済したい。
    生命保険料を減らせれば、早い段階で繰り上げ返済ができるはず。
  2. 豊かな資産形成をしたい生命保険料を減らせれば、その分、将来に向けた貯蓄にお金を回せるはず。
  3. 自分に万が一のことがあっても安心して家族に生活を過ごしてもらいたい
    万が一のことがあった場合に、残された家族の負担を減らすため、備えておいて、日常生活や進学などに影響が出ないようにしてあげたい。

生命保険を見直す時の4つのポイント

それでは、具体的な生命保険の見直しポイントをチェックしてみましょう。

1.団体信用生命保険を理解する

住宅ローンを組むと、多くの場合、同時に「団体信用生命保険」という生命保険にご加入されています。

銀行で住宅ローンを組まれた場合、「団体信用生命保険」の保険料は銀行負担で設定されている場合がほとんどですので、「住宅ローンを組んだ」という意識はあっても「保険に加入した」という意識はあまりないかもしれません。

「団体信用生命保険」は、ローンを組んだ人が死亡または所定の高度障害状態になられたとき、その保険金でローンの残債が完済される仕組みの保険です。
「団体信用生命保険」に加入しておけば、家族のための住居費用相当額、つまりローン返済についての心配がなくなるわけです。

住宅購入イメージ図ですので、「団体信用生命保険」に加入をされている方の場合、生命保険はご自身に万が一のことがあった場合に遺された家族の生活資金を確保できれば良いのです。それを踏まえて保険金額を見直すことで、現在加入の生命保険の保険料も抑えられる可能性があります。

2.必要保障額を理解する

通常、必要保障額は右肩下がりの三角形になります。
生活費が月30万円(年間360万円)の場合、生活費の総額はどのくらいになるかを見てみましょう。
現在から30年後までの期間

このように、保障の形も必要保障額(生活費の総額)に合わせることで合理的な保険が実現します。

合理的な保障の確保

3.遺族年金を理解する

国民年金や厚生年金などの公的年金の被保険者が死亡した場合、残されたご遺族には公的な支援として「遺族年金」が支給されます。

遺族年金の受取額と不足分を理解遺族年金は、加入している社会保険制度によって異なりますが、月々の生活費の保障は、遺族年金の受取額を差し引いて不足分だけ考えることができます。

保険の見直しポイント

  • 団体信用生命保険で住宅費は、解決する。
  • 遺族年金で生活費の一部は、まかなえる
  • 不足する毎月の生活費を重点に生命保険を考える。

以上のポイントで保険の見直しを行えば、無駄のないかたちで、納得のいく保険選びができるのではないでしょうか。

4.収入保障保険・就業不能保険を上手に活用する

上記の「保険の見直しポイント」にある、不足する毎月の生活費を重点に生命保険を考える、ということを目的とした保険があります。それが、収入保障保険です。

収入保障保険とは、ご契約者様に万が一のことがあった場合、残されたご家族へ保険金が給料や年金のように、決められた期間毎月支払われるタイプの保険です(商品によっては一括での受取りが可能なものもあります)。

貯蓄性などのないいわゆる掛け捨て型保険である分保険料が抑えられており、上手に活用すれば遺族年金だけでは不足する保障をお得に準備することができます。

  • 執筆者プロフィール

     ライフィ編集部

    ライフィ編集部

    「お困りごと解決のためのお役立ち情報サイト」を目指し、生命保険・損害保険を中心に、健康や家計などさまざまな情報を掲載しています。 メンバーは独自の視点でお客さまのお困りごとに日々耳を傾け、編集・発信しています。