生命保険の必要性を考えてみよう。保障と貯蓄のしくみと死亡保険の活用方法

日本において、なんらかの生命保険に加入している世帯は約9割といわれています。日本人は生命保険好きとも言われており、高い普及率を誇っているといえます。

そこで原点に戻って「そもそも生命保険は本当に必要なのか?」を検証してみましょう。

生命保険のしくみと役割

私たちが普段生活する際において、毎日が平穏無事に過ごせることにこしたことはないのですが、どうしても予期せぬ事態を想定しないわけにはいきません。

例えば、突発的な災害が生じたり、事故に遭遇することでケガをしたり、病気になることなどで働けなくなった場合には収入が得られなくなることが考えられます。

また、一家の大黒柱である父親が病気等でなくなった場合には、遺された家族の生活が立ち行かなくなることも考えられます。
そうした様々なリスクに対して「保険金」という金銭により「経済的な損失を補ってくれる」のが生命保険なのです。

生命保険は相互扶助の仕組み ~経済的なリスクをカバーし合う~

私たちが生活するうえで「万が一の場合に、必要となる費用をカバーしてもらえる体勢が整っている」という精神的不安を解消してくれる生命保険は、必要不可欠なものであるといえます。

「生命保険に加入せずに、貯金をしていくことで対応可能である」
そんなふうに思われる方もいらっしゃるかもしれません。
もちろん、必要となる費用をカバーできるくらい貯金がある方であれば生命保険加入の必要性は薄れるといえますが、今すぐに予期せぬ事態が発生した場合に必要となる費用をカバーできる方はそんなに多くないのではないかと思います。

実際に残された家族の生活費用は数十年続くことも想定されますから、多額の資金が必要となります。

こうした万が一の時に備えるため、生命保険は加入者が保険料を公平に負担し、誰かが病気や事故に遭遇し金銭的に困窮した場合に必要なお金を給付する「相互扶助」の仕組みによって成り立っているのです。

資金準備にも使える!生命保険の活用方法

よく貯蓄は三角、保険は四角といわれます。これは、貯金はこつこつ積み立てていかなければならないものの、保険は万が一の場合は保険金がいつでも支払われるため、こうした表現で説明されます。

銀行預金と生命保険の比較

しかし、生命保険においても、目的に応じて将来必要となる資金をこつこつと準備していくことも可能です。

例えば、子供の教育資金を貯めるためには、死亡保障など保険の機能も付けたうえで学資保険や子ども保険に加入することで将来の資金を貯めることもできます。

このように、生命保険は、経済的なリスクをカバーするだけではなく、将来の資金準備としても役立てることができますので、生命保険は私たちにとってありがたい商品ともいえるのです。

生命保険は私たちにとって必要不可欠なものといえますが、加入する目的と「必要となる資金がいくらぐらいなのか?」を明確にしたうえで、加入の検討をされるとよいでしょう。

貯蓄型で一生涯の死亡保障と積立を兼ねて!

一生涯の生命保険(死亡保障)は終身保険と言います。終身保険には、貯蓄を兼ねる機能を持ち、長い期間保険料を積み立てていくと、年齢やその他の条件によって異なるものの、支払い方によっては支払った保険料以上に貯まっていく場合もあります。

掛捨て型で保険料を安く抑えたい!

掛捨て型の死亡保障は定期保険と言います。人間には寿命がありますので、保険料は「何歳までの死亡保障か?」によって大きく変わってきます。

若ければ若いほど安く、年を取ればとるほど保険料が上がっていきます。掛捨て型の定期保険はインターネットからご加入いただけるネット生保がおすすめ。事務手続きが簡単で、その分コストが安いため、保険料も安くなっています。

  • 執筆者プロフィール

     ライフィ編集部

    ライフィ編集部

    「お困りごと解決のためのお役立ち情報サイト」を目指し、生命保険・損害保険を中心に、健康や家計などさまざまな情報を掲載しています。 メンバーは独自の視点でお客さまのお困りごとに日々耳を傾け、編集・発信しています。