生命保険のなかには、「配当金」が分配されるものがあります。「配当金」というと株式の配当金をイメージする人もいるかもしれませんが、生命保険のものとはしくみが全く異なります。

そこで、生命保険の「配当金」のしくみと種類について知っておきましょう。

生命保険の配当金とは?

生命保険の保険料は、その運営に必要な費用を「予定率」によってあらかじめ設定したうえで、計算されています。しかし、実際にかかる費用は予定とは異なることがあります。予定率によって契約者から集めた保険料よりも、保険の運営にかかった費用が少なかったときには余りが残ります。これを「剰余金」といいます。

剰余金を、保険の契約者に還元するお金のことを「配当金」といいます。
生命保険の配当金の大部分は、契約者から受取った保険料の清算や割戻しにあたります。したがって、業績に応じて株主に還元される株式の配当金とはしくみが大きく異なります。

生命保険の保険料は予定率によって決まる

では、保険料を決めるための「予定率」とはどのように決められているのでしょうか。
予定率は、以下の3つについて計算されます。

  1. 予定利率
  2. 予定死亡率
  3. 予定事業比率

1.予定利率とは

保険会社は、保険料の一部を積み立て、将来の保険金の支払いに備えて資金を運用しています。この資産運用による収益率(運用利回り)をあらかじめ見積もった率を予定利率といいます。

2.予定死亡率とは

性別や年齢ごとの人口に対する1年間の死亡者数の割合を推定したものを予定死亡率といいます。

3.予定事業費率とは

保険の運営や管理をするために必要な費用(たとえば、新契約の募集、保険料の集金、契約の保全、保険金の支払い、資産の運用など)の割合を推定したものを予定事業費率といいます。

予定率による費用と実際にかかった費用の差

また、実際の運営では、ほとんどの場合は死亡者数や運用利回り、事業費の金額は予定した金額とは異なります。予定率による費用と実際にかかった費用の差は、それぞれの予定率に対応して

  1. 利差:予定利率と資産運用における実際の利回りの差。予定利率よりも実績利回りが高い場合には差益となる。
  2. 死差:予定死亡率と実際の死亡率の差。予定死亡率よりも実際の死亡率が低い場合には差益となる。
  3. 費差:予定事業費と実際の事業費の差。予定事業費よりも実際にかかった事業費が少ない場合には差益となる。

とよびます。

配当金の受け取り方は4種類

配当を分配する方式には、主に以下の4種類があります。

  1. 積立配当
  2. 保険金買い増し
  3. 相殺配当
  4. 現金配当

1.積立配当

分配された配当金を保険会社がそのまま預かり、契約者の口座に積み立てておく方式。積み立てた配当金には一定の利息がつき、契約者から請求があったときや、契約が消滅した時には保険会社から契約者に支払われます。個人の契約ではこの方式が多く用いられ、近年は契約者が自由に引き出せる商品も増えています。

2.保険金買い増し

配当金を一時払い保険料として、その金額で買える保険を買い増す方式。主に養老保険の買い増しに用いられます。

3.相殺配当

配当金をこれから払い込む保険料と相殺する方式。

4.現金配当

配当金を契約者に現金で支払う方式。

有配当と無配当、違いと選び方のポイントは?

生命保険の配当金は、どの保険でも必ず受け取れるわけではありません。まず、もともと配当のある「有配当」の保険と、はじめから配当金を出さない「無配当」の保険があります。

有配当の保険には、利差益、死差益、費差益の3つをもとに配当金を分配する「3利源配当タイプ」と、利差益のみから配当金を分配する「利差配当タイプ」があります。ただしこれら有配当の保険でも、それぞれに配当の基準が異なり、運用環境や保険会社の経営状況によっては、剰余金が生じずに配当金が出ないこともあります。また、配当の有り無しで保険料に差が出ます。

では、生命保険に入るなら有配当と無配当、どういう場合にどちらのタイプを選ぶと良いのでしょうか。次のページでは、有配当と無配当の特徴を詳しくご説明します。

次ページ:有配当・無配当どちらがいい?生命保険の賢い選び方

  • 執筆者プロフィール

    ファイナンシャルプランナー 加藤 梨里

    加藤 梨里(かとう りり)

    マネーステップオフィス株式会社代表取締役
    CFP(R)認定者、金融知力インストラクター、健康経営エキスパートアドバイザー
    マネーに関する相談、セミナー講師や雑誌取材、執筆を中心に活動。保険、ライフプラン、節約、資産運用などを専門としている。2014年度、日本FP協会でくらしとお金の相談窓口であるFP広報センターにて相談員を務める。