子育て費用はいくら必要?幼稚園から大学卒業までの教育費

子どもには希望する進路を進んでほしい。そのために教育資金を貯めようと思ったとき、まず知っておきたいのが、「いったいいくらかかるの?」ということではないでしょうか。
私立や公立など希望する学校や進路により、必要な教育資金は大きく変わりますが、おおよその平均額だけでも把握しておくと計画が立てやすいもの。

そこで、幼稚園から大学卒業までにかかる教育費の目安を知っておきましょう。

幼稚園でかかる学費

文部科学省※1の「子供の学習費調査」によると、幼稚園では授業料や給食費、園外での活動費などがかかります。いずれも公立の幼稚園に比べて私立では高い傾向があります。3年間で合計すると約2.4倍の差があるようです。

区分 公立幼稚園 私立幼稚園
費用内容 年間平均 年間平均
学校教育費 120,738円 331,378円
給食費 19,014円 30,880円
園外活動費 83,895円 165,658円
年間合計 223,647円 527,916円
3年間合計
(3~5歳)
649,088円 1,584,777円

出典:文部科学省「子供の学習費調査」(平成30年度)

小学校でかかる学費

小学校では、就学期間が6年間あることもあって、公立と私立ではかかる費用の差がさらに大きいようです。6年間でかかる費用の合計は公立で約200万円、私立で約960万円です。

特に入学金や授業料、制服、ランドセル、教材費など学校でかかる費用(学校教育費)や、学習塾や習い事など学校外でかかる費用(学校外活動費)の差が大きいようです。

区分 公立小学校 私立小学校
費用内容 年間平均 年間平均
学校教育費 63,102円 904,164円
給食費 43,728円 47,638円
学校外活動費 214,451円 646,889円
年間合計 321,281円 1,598,691円
6年間合計
(1~6年生)
1,926,809円 9,592,145円

出典:文部科学省「子供の学習費調査」(平成30年度)

中学校でかかる学費

中学校3年間でかかる教育費は公立は約150万円、私立は約420万円です。特に授業料など学校でかかる費用(学校教育費)の差が大きいことがわかります。

しかし、学習塾や習い事など学校外でかかる費用(学校外活動費)は公立、私立ともに年間約30万円で、それほど大きな違いがないようです。

区分 公立中学校 私立中学校
費用内容 年間平均 年間平均
学校教育費 138,961円 1,071,438円
給食費 42,945円 3,731円
学校外活動費 306,491円 331,264円
年間合計 488,397円 1,406,433円
3年間合計
(1~3年生)
1,462,113円 4,217,172円

出典:文部科学省「子供の学習費調査」(平成30年度)

高校でかかる学費

高校で必要な学費は、公立が約140万円、私立が約290万円です。特に学校でかかる授業料など学校教育費で違いがあるようです。

区分 公立高校 私立高校
費用内容 年間平均 年間平均
学校教育費 280,487円 719,051円
給食費
学校外活動費 176,893円 250,860円
年間合計 457,380円 969,911円
3年間合計
(1~3年生)
1,372,072円 2,904,230円

出典:文部科学省「子供の学習費調査」(平成30年度)

大学でかかる学費

大学生活にかかる費用は、「国公立か、私立か?」、「どの学部に進学するか?」によって左右されます。

国公立よりも私立では大学に納入する入学金や授業料などが高めの傾向があります。また、同じ大学の中でも学部によって学費が異なることがあり、一般的には文系よりも理系で高いようです。国公立では原則として文系・理系ともに同じ学費としていることが多いですが、私立では理系の学部では施設設備費などの納入費が高額で、在学費用の負担が大きい大学が多いです。

大学卒業までに必要な入在学費用
区分 国公立 私立文系 私立理系
入学費 80.1万円 90.4万円 85.5万円
在学費 114.8万円 160.1万円 185.3万円
(4年間
在学費)
459.2万円 640.4万円 741.2万円
4年間合計
(入学費+
4年間在学)
539.3万円 730.8万円 826.7万円

出典:日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査」(2019年度)

オール公立では約1,000万円、オール私立では約2,500万円必要

このように、幼稚園から大学までそれぞれで教育費がかかりますが、子どもが一人前になるまでにかかるトータルの教育費はいくらになるのでしょうか? 幼稚園から小学校、小学校から中学校へと、進学の際にどのような進路を選ぶかによって、大学卒業までにかかる合計額に差が出ます。

公立・国立でも学費はかかる

最も負担が少ないのはすべて公立学校に進学するパターンです。授業料がほとんどかからないため、お金の心配なく通わせられると考えている人も多いでしょう。

ただし、公立でも給食費や一部の教材費、修学旅行など学校外での活動にかかる費用を自己負担することもあります。また、大学では国公立でもまとまった入学金と授業料がかかります。それらの費用を合計すると、幼稚園から大学までずっと公立・国立に通った場合でも約1,000万円にのぼります。

私立に通わせる時期によって学費が変わる

逆に、最も負担が重いのはすべて私立に進学するパターンです。私立幼稚園から私立大学の理系まで、ずっと私立学校に通うと2,500万円以上かかります。

幼稚園から大学まで、平均額でみるとすべての進学過程において、国公立よりも私立での学費が高いため、私立に通わせる時期が長いほど、自己負担は重くなりそうです。ただし、いつ私立に行くかによって、負担の重さに違いも出るようです。

たとえば小学校6年間でかかる学費は、公立で約200万円に対して私立で1,000万円近くと非常に大きな差があります。小学校を私立にすると教育費全体に対する負担感が重くなる恐れがあります。

また同じ3年間でも、私立中学校は400万円程度、私立高校は300万円弱と平均額に違いがあります。

進路選択は学費のことだけでなく本人の希望や受験結果によって決めるご家庭が多いですが、費用の負担についてもおおよその目安を知っておくと安心ではないでしょうか。

幼稚園~大学までの進路別学費合計

※はみ出ている場合、横にスクロールできます。

高校まで
の進路
幼稚園
(3年間)
小学校
(6年間)
中学校
(3年間)
高校
(3年間)
高校まで合計
(15年間)
区分 大学
(4年間)
学習費合計
(19年間)
すべて
公立
649,088円 1,926,809円 1,462,113円 1,372,072円 5,410,082円 国公立 539.3万円 1,080.3万円
私立文系 730.8万円 1,271.8万円
私立理系 826.7万円 1,367.7万円
幼稚園
だけ私立
1,584,777円 1,926,809円 1,462,113円 1,372,072円 6,345,771円 国公立 539.3万円 1,173.9万円
私立文系 730.8万円 1,365.4万円
私立理系 826.7万円 1,461.3万円
高校
だけ私立
649,088円 1,926,809円 1,462,113円 2,904,230円 6,942,240円 国公立 539.3万円 1,233.5万円
私立文系 730.8万円 1,425.0万円
私立理系 826.7万円 1,520.9万円
幼稚園・
高校が
私立
1,584,777円 1,926,809円 1,462,113円 2,904,230円 7,877,929円 国公立 539.3万円 1,327.1万円
私立文系 730.8万円 1,518.6万円
私立理系 826.7万円 1,614.5万円
小学校
だけ公立
1,584,777円 1,926,809円 4,217,172円 2,904,230円 10,632,988円 国公立 539.3万円 1,602.6万円
私立文系 730.8万円 1,794.1万円
私立理系 826.7万円 1,890.0万円
中学・高校
が私立
649,088円 1,926,809円 4,217,172円 2,904,230円 9,697,299円 国公立 539.3万円 1,509.0万円
私立文系 730.8万円 1,700.5万円
私立理系 826.7万円 1,796.4万円
すべて
私立
1,584,777円 9,592,145円 4,217,172円 2,904,230円 18,298,324円 国公立 539.3万円 2,369.1万円
私立文系 730.8万円 2,560.6万円
私立理系 826.7万円 2,656.5万円

出典:文部科学省「子供の学習費調査」(平成30年度)

出典:日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査」(2019年度)

教育費の無償化が進むと学費の軽減も

なお、ここで記載している学費は奨学金や自治体の補助などを含めていません。
2019年からは幼稚園や保育園に通う子どもへの幼児教育の無償化、2020年からは大学、短大、高等専門学校、専門学校に通う学生への高等教育の修学支援新制度が始まり、要件に該当する場合には学費の負担を軽減できるかもしれません。

入試でも費用がかかる

進学するときには、受験にも費用がかかります。中学・高校で受験する場合、公立では2千円程度であるのに対して、私立では1校あたり2万円弱の検定料がかかるのが一般的です。

大学では学校に納入する検定料のほかに、センター試験を受験する場合にはその費用もかかります。
なお、センター試験は2020年度入試をもって終了し、2021年度からは「大学入試共通テスト」が実施される予定です。

中学・高校・大学受験の費用
中学 私立中学受験
(入学考査)料
約18,000円/校
高校 公立高校受験
(入学考査)料
2,200円/校
私立高校受験
(入学考査)料
約16,000円/校
大学 センター試験検定料 12,000円
~18,800円
(科目数により異なる)
国公立大学検定料
(2次試験)
15,000円
~30,000円/校
私立大学受験
(入学考査)料
約35,000円
+願書代/校

出典:【私立中学・高校受験】文部科学省「私立高等学校等授業料等の調査結果について」(令和元年度)

出典:【センター試験検定料】独立行政法人大学入試センター「センター試験」

出典:【国公立大学検定料】文部科学省「国立大学の授業料、入学料及び検定料の調査結果について」(平成22年度)

一人暮らしをするなら住居費や生活費もかかる

大学進学時に親元を離れて暮らすなら、一人暮らしや下宿のための費用も必要です。東京都内や近郊の私立大学に通う学生を対象にした調査※2によると、一人暮らしや寮などに暮らす学生が初年度に負担した住居費の平均は約60万円だそう。このほかに毎月の生活費を支援するなら、さらに仕送りの出費もかかります。

進路によっては、寮のある学校に入学すると、高校から住居費(寮費)の負担がかかることもあります。お子さんの希望に合わせて資金の計画をたてたいですね。

大学生(私立)一人暮らしにかかる住居費
敷金・礼金 207,600円
家賃 61,600円
生活用品
準備費用
328,300円
合計 597,500円

出典:東京地区私立大学教職員組合連合「私立大学新入生の家計負担調査について」(2017年度)

教育資金の準備は早いうちから計画的に

このように、子どもが一人前になるまでには1,000万円以上の学費がかかります。また、その半分近くは大学4年間でかかる費用が占めています。塾や習い事にどれくらい通わせるかにもよりますが、お子さんが小さいうちは育ち盛りの時期や中学生以降の受験期に比べると教育費の負担は軽く、貯蓄をしやすいはずです。お子さんが生まれたら、できるだけ早いうちから計画的に貯めたいものですね。

※1 出典:文部科学省「子供の学習費調査」(平成30年度)
※2 出典:東京地区私立大学教職員組合連合「私立大学新入生の家計負担調査について」(2017年度)

  • 執筆者プロフィール

    ファイナンシャルプランナー 加藤 梨里

    加藤 梨里(かとう りり)

    マネーステップオフィス株式会社代表取締役
    CFP(R)認定者、金融知力インストラクター、健康経営エキスパートアドバイザー
    マネーに関する相談、セミナー講師や雑誌取材、執筆を中心に活動。保険、ライフプラン、節約、資産運用などを専門としている。2014年度、日本FP協会でくらしとお金の相談窓口であるFP広報センターにて相談員を務める。