医療技術の進歩によって、がんの治療方法や技術は年々新しいものが登場しています。しかし、新しい治療法の中には公的医療保険が適用されない「自由診療」となるものもあり、それを選択すると治療費の全額が自己負担になってしまいます。

では、自由診療を選ぶとどれくらいのお金がかかるのでしょうか。またその出費に備えるにはどのような保険があるのでしょうか。

がん治療には保険診療と自由診療がある

がんなどの病気やケガの診療には、「保険診療」と「自由診療」があります。

保険診療

保険診療とは、健康保険などの公的医療保険制度が適用される診療のことで、一般的に1~3割の自己負担で受けることができます。
診療の方法や技術が公的保険のきく保険診療になるには、有効性や安全性に関する検証を経て厚生労働省の承認が必要です。

自由診療

自由診療は、厚生労働省が承認していない薬や治療法を用いた診療のことです。
がん治療のなかでは、海外で効果が確認されているものの日本ではまだ承認されていない抗がん剤や、免疫療法の一部などが挙げられます。承認されていない治療にかかる費用は、基本的には全て患者さんが自己負担することになります。

がんの自由診療の種類と費用

保険診療に加えて自由診療を含めれば、治療方法の選択肢は広がります。がんの治療をしているときには、闘病をする本人も家族も「治る可能性があるならどんな方法でも試してみたい」と考えるかもしれません。

しかし自由診療は全額が自己負担です。がんの治療で自由診療を選ぶと、どれくらいのお金がかかるのでしょうか。がん治療で自由診療として用いられることがある治療法の一例を挙げましょう。

抗がん剤治療

抗がん剤は、がん細胞の増殖を抑え、転移や再発を防ぐ薬です。抗がん剤には複数の種類があり、多くは点滴で投与します。

基本的には保険診療の対象になる薬剤が使われますが、国内で未承認の新しい抗がん剤を使うと自由診療扱いになります。いずれの場合も、薬剤の種類や投与する量、期間などによってかかる費用が異なります。1回の投薬で数百円程度のものもあれば、10万円以上かかるものもあります。

重粒子線治療・陽子線治療

がん治療の標準的な方法として用いられる放射線治療のうち、重粒子線や陽子線をがんの病巣に対して集中的に照射する治療方法です。一般的に用いられるX線に比べて、がんの病巣以外の正常な部位へのダメージを抑えて照射できるしくみになっています。

口腔がんや前立腺がんなど一部のがんの治療では公的保険の対象になりますが、多くは自由診療扱いで、数百万円の自己負担を要することがあります。

免疫療法

身体が本来持っている免疫の力を回復させて、がん細胞を排除する治療法です。さまざまなしくみと種類があり、多数の研究によって十分な効果が検証されているものは公的保険が適用されます。「免疫チェックポイント阻害薬(オプジーボなど)」もそのひとつです。

一方でまだ十分な有効性が検証されていない免疫療法は、先進医療または自由診療扱いになります。

かかる費用は治療法によって幅広く、数万円のものもあれば、数十万円規模の負担を要するものもあります。また、同じ免疫療法でも、がんの部位・種類によって保険がきくかどうかが異なることがあります。

乳房再建術

乳がんの手術では、乳房を切除することがあります。そんなときに女性としての外見を取り戻すために、失ったり形が変わってしまったりした乳房を再建する技術があります。

乳房再建術は基本的には公的な保険診療として認められていますが、再建する部位や方法、施設などによっては自由診療扱いになることがあります。数十万円の負担がかかることもあるようです。

自由診療と先進医療は必ずしも同じではない

なお、自由診療は先進医療と同じものではありません。

自由診療とは、公的な保険がきかない診療全般をさします。一方の先進医療は、厚生労働省が定める高度な医療技術や治療法で、技術の種類や適用される病気などの条件、実施する医療機関などによって細かく指定されています。

一般的に、自由診療はまだその有効性や安全性などについて十分な検証がされていない治療方法です。このため公的な保険の対象外になりますが、安全性や効果が確認されると先進医療に認定され、さらには保険診療の適用対象になることがあります。かつて自由診療だった治療方法が、のちに先進医療や保険適用になることもあります。

違いは保険診療と併用できるかどうか

自由診療と先進医療はいずれも、かかった治療費や技術料の全額が自己負担ですが、先進医療は保険診療と併用できる点が異なります。先進医療は全額が自己負担になるものの、同時に公的な保険がきく診察や治療を受けたら、その分は3割負担ですみます。

これに対して、自由診療は公的な保険診療と併用できません。自由診療と同時に、本来は公的な保険がきく診察などを受けると、すべての医療費が自費になります。

関連記事:「先進医療」ってなに?

がん保険の給付金、自由診療でどう使える?

全額自己負担にはなりますが、治療の選択肢を広げるためには自由診療も検討したいと考える人もいるでしょう。がん保険の一部には、自由診療でかかる費用をカバーできるものがあります。

一般的ながん保険はがんで入院や手術をしたら給付金を受け取れます。また、がんと診断されたらまとまった一時金を受け取れるものも多いです。診断されたときに受け取る給付金は、治療の方法を問わず受け取れるのが一般的ですから、自由診療で治療をしたときの費用にあてられます。

先進医療特約の対象は先進医療のみ

ただし、一般的な医療保険やがん保険に特約としてついていることがある「先進医療特約」は、自由診療には対応していません。
先進医療は厚生労働省に指定された治療法や医療技術のみが対象で、医療保険・がん保険の先進医療特約もそれに限って保障の対象とするためです。

がん保険の先進医療特約は、がんにかかわる先進医療を受けたときにその実費が保険からおりるものですが、先進医療に指定されていない自由診療を受けても対象にならないことを知っておきましょう。

自由診療の費用もおりるがん保険

「実損払い型」と呼ばれる保険は、がんの治療にかかった費用をそのまま保険金として受け取れます。保険診療でも、先進医療や自由診療でも、かかった費用が保険からおりるものもあります。

あるいは、がん保険のなかには、がんの免疫療法のうち特定の治療方法を受けたときに、保険金を受け取れるものもあります。

これらのがん保険では、特に自由診療でかかる費用を備えるときに活用できそうです。

がん保険の活用で、治療の選択肢を広げることも

自分や家族ががんになったら、きっと少しでも治る可能性の高い方法で治療したいと考えるのではないでしょうか。そのために、まずは保険診療と自由診療の仕組みをしっかり理解しておきましょう。治療費が高額になりやすい自由診療を選択肢の一つとして想定するなら、公的な制度に加えてがん保険など民間の医療保険で備えておくと安心です。

自由診療を受けたときにもおりる保険があれば、金銭的な負担を心配せずに、広い選択肢から治療法を検討できるかもしれません。自分も家族も納得のいく治療を受けられるよう、じっくりと検討したいものですね。

参考:がん情報サービス「薬物療法 もっと詳しく知りたい方へ」
参考:がん情報サービス「放射線治療の種類と方法」
参考:がん情報サービス「免疫療法 まず、知っておきたいこと」
参考:厚生労働省「医療機器の保険適用について(平成25年7月収載予定)」
参考:厚生労働省「先進医療の概要について」

  • 監修者プロフィール

    ファイナンシャルプランナー 加藤 梨里

    加藤 梨里(かとう りり)

    マネーステップオフィス株式会社代表取締役
    CFP(R)認定者、金融知力インストラクター、健康経営エキスパートアドバイザー
    マネーに関する相談、セミナー講師や雑誌取材、執筆を中心に活動。保険、ライフプラン、節約、資産運用などを専門としている。2014年度、日本FP協会でくらしとお金の相談窓口であるFP広報センターにて相談員を務める。