少額短期保険とは?特徴と生命保険・損害保険との違い

2006年4月の保険業法改正に伴い、新しいタイプの保険「少額短期保険」が登場しました。こくみん共済やコープ協会・JA共済など、一部監督官庁が存在する共済会を除き、監督官庁・規制業法が無かった任意団体として運営されていた共済会の中でも一定規模以上の共済会をきちんと管理・規制するために、保険業法が改正され、少額短期保険が誕生しました。

少額短期保険とは?

少額短期保険は、少額短期保険業を行う事業者である少額短期保険会社が扱う保険商品です。
少額短期保険会社は、最近ではミニ保険とも呼ばれ、保険業法により定められた一定の事業規模の範囲内にあること、少額かつ短期の保険の引き受けのみを行い、金融庁が定める厳しい基準をクリアし、内閣総理大臣による登録を受けた事業者が事業運営できます。
保険業法の規制の対象となっており、少額短期保険会社として事業を行うには様々な規制をクリアする必要があります。

少額短期保険業者に課される主な規制

  • 最低資本金が1,000万円以上であること
  • 営業保証金の供託:前事業年度の正味収入保険料×5%+1,000万円
  • 原則専業であること
  • 年間収受保険料が50億円以下であること
  • 毎年、決算内容の開示義務
  • ソルベンシー・マージン比率規制適用

など

これらの厳しい規制にクリアした事業者が少額短期保険業者として少額短期保険商品の開発、引き受けを行うことができるのです。
ちなみに少額短期保険会社では、通常の生命保険会社と異なり、生命保険だけでなく損害保険や医療保険といった各分野の保険商品の取り扱いが認められているため、お客様のニーズや生活環境の変化に合わせた魅力的な保険商品を開発することが可能といえます。

少額短期保険が扱う保険商品とは?

それでは、少額短期保険会社が取り扱う少額短期保険とは一体どのような保険なのでしょうか?
少額短期保険は、その名の通り、少額かつ短期の保険のみを販売し、シンプルで保険料が割安という特徴があります。
お客様のニーズに合わせた、オリジナルな保険商品が提供され、今まで生命保険会社・損害保険会社では保障する保険商品を販売していなかったような分野の、特長ある保険商品が販売されています。

保険金額に上限がある

・少額短期保険の引受限度額は1被保険者あたり1,000万円までと決められています。
(複数契約合算。原則として以下の区分ごとに上限が設定されています)

(1) 死亡保険(下記(5)を除く) 300万円
(2) 医療保険等第三分野の保険(下記(3)・(4)・(5)を除く) 80万円
(3) 疾病等を原因とする重度障害保険 300万円
(4) 傷害を原因とする重度障害保険 600万円
(5) 傷害死亡保険 600万円
(傷害死亡のみの保険 300万円)
(6)損害保険 1,000万円

保険期間が限られている

少額短期保険の保険期間は下記の範囲で決められています。

  • 生命保険や医療保険:1年
  • 損害保険:2年

少額短期保険の保険商品をうまく活用することで、保険料を抑えたり、一般の保険会社では引受けが難しい保障を得られる等のメリットがあります。ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。

  • 執筆者プロフィール

     ライフィ編集部

    ライフィ編集部

    「お困りごと解決のためのお役立ち情報サイト」を目指し、生命保険・損害保険を中心に、健康や家計などさまざまな情報を掲載しています。 メンバーは独自の視点でお客さまのお困りごとに日々耳を傾け、編集・発信しています。