生命保険はどこで入る?店舗、ネット、営業員のメリットとデメリット

生命保険は、万が一のことがあった場合、まとまったお金を受取ることができるため、経済的な損失をカバーすることができます。
また、万が一のことがあった場合の経済的な不安を少なくし、「精神的にも支え」となる大切なものであると「生命保険の必要性を考えてみよう。保障と貯蓄のしくみと死亡保険の活用方法」でお話しました。

このように、私たちにとって生命保険は必要不可欠なものであるわけですが、それでは保険に加入するにはどのような方法があるのでしょうか。

生命保険の加入方法3つ

生命保険に加入するにはいろいろな方法があります。
来店型保険ショップで複数の商品を比較・検討しながら加入する方法、生命保険会社で働く保険営業職員から加入する方法、またインターネットを利用して、自宅などでじっくり比較・検討して加入する方法など様々です。

どの方法で生命保険に加入をするのが自分にはあっているのだろうか?を考えるために、生命保険加入の仕方によってどんなメリット、デメリットがあるか、以下で詳しく見ていきましょう。

来店型保険ショップのメリット・デメリット

来店型保険ショップには、専属代理店の保険ショップと乗合代理店の保険ショップがあります。

専属代理店の保険ショップの場合

専属代理店とは、特定の保険会社の保険商品のみを取扱い、保険プランの提案から手続きまで行ってくれます。

保険会社の営業職員と同様、いろいろと相談に乗っていただける点はメリットですが、1社の保険商品しか取り扱っていないため、他社の保険商品との比較は加入を検討する方がご自身で行わなければなりません。
また、正確なコンサルティングを受けることができるかどうかは専属代理店のスキルによって異なります。

加入したい生命保険商品が決まっており、加入後の面倒を見てくれる点を重視したい方には良い加入方法といえます。

乗合代理店の保険ショップの場合

一方の乗合代理店の運営する保険ショップは、複数の保険会社と代理店契約を結び、様々な保険商品を販売しています。

メリットは、いろいろと相談に乗ってくれる点、複数の保険会社商品の中から、お客様にとって最も好ましい保険を提案される点、生命保険加入後も実際の保険金請求やアフターフォローまで行ってくれる点が挙げられます。

デメリットは、複数の保険会社の商品を取り扱っているものの、すべての保険商品を取り扱っているわけではないため、場合によってはお客様にとって最適な保険商品を取り扱っていない場合があることと、多くの保険商品を取り扱っているため、訪れた保険代理店ごとに勧められる商品が違ったり、また担当者の商品知識も重要になってきます。

複数商品の中から保険の専門家と相談しながら選びたい方には良い方法といえます。

ネット保険のメリット・デメリット

ネット社会になった昨今、ネット保険と呼ばれるインターネットで生命保険への加入方法は、主に2パターンあります。一つがインターネット専業保険会社のホームページから保険に加入する方法、もう一つが保険代理店が運営するインターネットの保険販売サイトから保険に加入する方法です。

インターネット専業の生命保険会社の場合、人件費などコストを抑えることができるため、保険料が安いのが特徴です。
また、保険商品はシンプルで分かりやすいものが多く、比較的目的に合ったものに近い保険商品を探しやすいといえます。

その半面、保険の仕組みや商品内容に関してはご自身でしっかり調べて納得したうえで加入する必要があり、保険の知識をある程度身につける必要があります。また、場合によってはニーズに合致した保険商品が見つからない場合もあります。

保険に関してある程度知識をお持ちで、保険料を安く抑えたい方には良い方法といえます。

もう一つの保険代理店が運営するインターネットの保険販売サイトから保険加入する場合、サイト内で様々な保険商品の比較検討が可能であったり、気になる保険商品があれば無料で資料請求をすることも可能です。

また、保険商品の提案を受けることも可能であり、電話やメールで相談にも乗ってくれます。複数の保険会社の商品を扱っている場合がほとんどであるため、ニーズに合った保険商品を探すことも可能といえます。

インターネットを利用し、自分で保険商品を探したい方、保険営業職員に会ったり来店型ショップに行く時間がなく、電話やメールで相談しながらインターネットでご自身で保険に加入したい方には良い方法といえます。

生命保険会社の営業職員のメリット・デメリット

生命保険会社の営業職員は、電話一本で自宅や職場まで直接来てくれます。そして、保険プランの提案から加入の手続きまですべてを行ってくれます。
また、保険加入後も実際の保険金請求やアフターフォローまで行ってくれます。

ただし、デメリットもあります。その営業職員が扱っている保険商品は、基本的に自社商品のみです。そのため、他社商品との比較は加入を検討する自身で行わなければなりません。
また、正確なコンサルティングを受けることができるかどうかは営業職員のスキルによって異なります。

ですので、加入したい生命保険商品が決まっており、加入後の面倒を見てくれる点を重視したい方には良い加入方法といえます。とはいえ、数年後の見直しの時に辞めてしまっている可能性もありますので、注意も必要です。

生命保険の入り方
生命保険
販売チャンネル
メリット デメリット
来店型保険ショップ
(専属保険代理店)
  • 親身に相談にのってくれる
  • 加入後のアフターフォローもしてくれる
  • 1社の商品のみの取扱い
  • 専属代理店によってスキルに差がある可能性もある
来店型保険ショップ
(乗合保険代理店)
  • 提案は積立重視の貯蓄型
  • 複数の保険会社の商品から目的のあった商品を探すことが可能
  • 加入後のアフターフォローもしてくれる
  • 場合によってはニーズに合った保険商品を取り扱っていない場合がある
  • 窓口担当者のスキルによって商品提案に差がある可能性もある
インターネット
専業の生命保険
  • 保険料が割安
  • 保険商品はシンプルでわかりやすいものが多い
  • 保険の知識が必要
  • 場合によってはニーズに合った保険商品が見つからない可能性もある
ネット保険
通販サイト
  • 商品は保障重視の掛捨て型
  • 複数の保険会社の商品から目的のあった商品を探すことが可能
  • しつこい営業がされにくい
  • すべてご自身で選ぶ場合には、ある程度保険の知識が必要
  • 場合によってはニーズに合った保険商品を取り扱っていない場合がある
生命保険会社
の営業職員
  • 電話1本で自宅や職場まで来てくれる
  • 加入後のアフターフォローもしてくれる
  • 自社商品のみの取扱い
  • 営業職員によってスキルに差がある可能性もある
  • 他社商品の提案はできない

保険の内容を理解して加入することが大切

どの方法で生命保険に加入するにしても、一番重要なことは加入する生命保険の内容をきちんと理解し、営業マン任せにしないことです。
何しろ、生命保険は家の次に高いお買い物ですから、ぜひとも後悔の無い生命保険選びを行ってください。

まずは、本屋さんで最新の保険マニュアル本を手に入れたり、インターネット検索で保険サイトの知識を得て、それからご加入することをおすすめいたします。


  • 執筆者プロフィール

     ライフィ編集部

    ライフィ編集部

    「お困りごと解決のためのお役立ち情報サイト」を目指し、生命保険・損害保険を中心に、健康や家計などさまざまな情報を掲載しています。 メンバーは独自の視点でお客さまのお困りごとに日々耳を傾け、編集・発信しています。