「急にお金が必要になった。どうしよう…?」
そんな場合、加入している生命保険を担保にお金を借りる方法があります。
払い続けていた生命保険で、現在の解約返戻金額に対する一定割合を限度としてお金を借りることができるため、急にお金が必要になった場合などにお金を借りる方法としては有効な手段といえます。この方法を契約者貸付制度といいます。

生命保険の「契約者貸付制度」とは?

生命保険の契約者貸付制度とは、契約している生命保険の解約返戻金を担保に、生命保険会社からお金を借りる制度をいいます。借りられる金額は通常、解約返戻金額の70~90%の範囲内となっており、生命保険会社や生命保険の種類によって異なります。

当たり前ですが、契約者貸付制度とはお金を借りることですから、借りたお金を返済するだけでなく利子分も返済しなければなりません。貸付利率は生命保険契約の時期などにより異なりますが、通常は契約した生命保険の予定利率に1%~2%を上乗せした程度に設定されているようです。予定利率の高い保険契約は貸付利率も高くなります。ちなみに、予定利率とは、生命保険会社が生命保険の契約者に対して約束する保険金の運用利回りのことを指します。契約した生命保険の予定利率は通常、生命保険証券に記載されています

「契約者貸付制度」は一般のローンよりも断然有利!

ここで、契約者貸付制度の貸付利率の例を示しておきましょう。例えば、ある生命保険会社の場合、予定利率2.25%の生命保険契約で、利子はプラス1.5%の3.75%と設定されていました。つまり、契約者貸付制度を使って1年間100万円借りた場合には、1年後に3万7,500円の利子と元本100万円の合計103万7,500円を返すこととなります。

なお、加入する生命保険を担保にお金を借りるため、通常のカードローンなどでお金を借りる場合と比較すると利率は格段に安く、急なお金が必要になった際にお金を借りる方法としてはメリットが大きいといえます。また、生命保険を解約しなくても現金が用意できる点もメリットといえます。

借り入れた金額と利子の返済については、カードローンのように「毎月一定額を返済しなければならない」などの決まりがありませんので、「ボーナスをもらってから」など、家庭の懐具合に合わせ、返済していくことが可能です。ただし、ご契約の生命保険の種類や残っている保障期間などによっては貸付を受けることができないものもありますので注意してください。

「契約者貸付制度」を利用する申請方法

契約者貸付制度を利用する手続きは、下記のような流れになっています。契約者貸付制度の申請から融資の実行まで、通常3日~1週間程度でお振込みされます。生命保険会社や契約状況によっては異なる場合もありますので、ご契約している生命保険会社にご確認ください。

 契約者貸付制度の手続きについて

返済方法はインターネット・ATM・窓口持参など

それでは契約者貸付制度を利用して借りたお金と利子はどうやって返済すればよいでしょうか。返済方法は生命保険会社によって異なる場合もありますが、ここでは一般的な返済方法をご説明したいと思います。

1.ネットバンキングを使用して返済

生命保険会社が提携している銀行に口座をお持ちの方は、提携ネットバンキングサービスを活用することでインターネットで返済することができます。

2.ATMを使用して返済

提携先の銀行などのATMから返済を行うことが可能です。

3.窓口に持参

生命保険会社の窓口に持参することで返済を行うことが可能です。

その他に、保険の配当金や祝金を保険会社に据え置いていた場合には、配当金や祝金を引き出して資金を確保する方法もあります。この場合にはもともとご自身のお金になりますので利子が取られることはなく、返済する必要はありません。

※上記で説明しました「契約者貸付制度」については、あくまで一般的な制度の説明であり、各生命保険会社によって制度の内容が異なる場合があります。具体的な貸付方法や貸付の可能な保険の種類、貸付利率等に関しましては、各生命保険会社にてご確認ください。

  • 執筆者プロフィール

     ライフィ編集部

    ライフィ編集部

    「お困りごと解決のためのお役立ち情報サイト」を目指し、生命保険・損害保険を中心に、健康や家計などさまざまな情報を掲載しています。 メンバーは独自の視点でお客さまのお困りごとに日々耳を傾け、編集・発信しています。